• プリント

潘基文国連事務総長が日本、中国、韓国を公式訪問

プレスリリース 08-036-J 2008年06月11日

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長が2008年6月下旬に日本、中国、韓国を公式訪問し、その後、北海道洞爺湖サミットに出席する予定です。

事務総長はまず日本を訪れ、京都大学で気候変動に関する講演を行います。その後、東京において天皇皇后両陛下に謁見するほか、福田康夫総理大臣、高村正彦外務大臣と会談を行う予定です。

次に事務総長は中国を訪問し、同国外相やその他の指導者と会談を行うほか、同国に駐在する国連機関職員たちと懇談する予定です。

その後訪れる韓国においては、ソウル国立大学で名誉学位を授与されるほか、同国議会において気候変動に関するセミナーを主催します。また、同国外相、首相、大統領との会談を予定しています。

潘事務総長はその後、再び日本を訪れ、北海道洞爺湖サミットに出席する予定です。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。