• プリント

南スーダン共和国、193番目の国連加盟国に

2011年07月15日

国連総会は2011年7月14日、スーダンから分離・独立した南スーダン共和国の国連加盟を全会一致で承認しました。2006年のモンテネグロ共和国以来となる新規加盟で、南スーダンは193番目の加盟国となりました。

潘基文(パン・ギムン)事務総長は承認後の挨拶の中で、「Welcome, South Sudan. Welcome to the communities of the nations. (南スーダン、国際社会へようこそ)」と呼びかけ、新しい加盟国を迎え入れました。

―事務総長の挨拶の全文(日本語)はこちら

―事務総長の挨拶の全文(英語)はこちら

ジョセフ・ダイス第65回国連総会議長は、この日を「アフリカと世界にとって歴史的な瞬間」とし、「私たちは今日、南スーダンを他の加盟国と同様の権利と責任を伴う国として、国際社会に迎え入れるのです」と述べました。

-総会議長の挨拶の全文(英語)はこちら

リアク・マシャール南スーダン副大統領は、「国連への加盟承認に対し、南スーダン政府と人民を代表して感謝を伝えたい」と語り、同国が「地域においては平和をはぐくむと共に、自国においては力強く発展的な国づくりにまい進することを誓う」と決意を述べました。

* *** *

国連加盟が承認され、歴史的な総会会合で演説するリアク・マシャール南スーダン副大統領©UN Photo/Mark Garten
リアク・マシャール南スーダン副大統領(右)と固い握手を交わすダイス第65回国連総会議長(中央)©UN Photo/Rick Bajornas
国連本部ビル前に掲げられている各国旗。193番目の加盟国となった南スーダンの国旗は左から4番目©UN Photo/JC Mcllwaine
193番目の加盟国となった南スーダンの国旗掲揚式典で。左から、ダイス第65回総会議長、リアク・マシャール南スーダン副大統領、潘事務総長、ミギロ国連副事務総長©UN Photo/Evan Schneider
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。