• プリント

南スーダン共和国、独立

2011年07月12日

アフリカのスーダン南部が2011年7月9日、スーダンから分離・独立し「南スーダン共和国」となりました。アフリカ54番目の国家となったこの日、新首都ジュバで独立式典が行われ、サルバ・キール初代大統領が宣誓就任しました。

世界中から集まった各国要人と共に式典に出席した潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は、南スーダンの人々に祝意を述べ、新国家のガバナンス確立に向けた国連の支援を誓いました。「私たちは長年にわたり、平和維持活動(PKO)や外交、人道支援や開発を通じてスーダンにおける平和の希求に携わってきました。私たちは、南スーダンを国際社会の一員として歓迎します。南スーダンが今後、国家としての様々な責務を果たすことができるよう、支援することを改めて約束します

また、潘事務総長は「私たちは今、祝意の中に集まっていますが、同国が直面する幾多の課題、すなわち、深刻な貧困、基本的な社会インフラや行政機関の欠如、政治不安を十分理解しています」と述べ、新国家の置かれている現状を訴えました。「その一方で、私たちは南スーダンのもつ可能性を過小評価すべきではありません。回復力に富み才能あふれる人々、豊かな天然資源、耕作可能な広大な土地、そしてそこには大いなるナイル河が横たわっています。こうした豊かな財産と共に、南スーダンは人々の声に応えることのできる繁栄した生産力をもつ国家に育つことでしょう」

―事務総長の挨拶の全文(英語)はこちら

―南スーダン独立に関するビデオ(日本語字幕付き)はこちら

南スーダンの独立に先立つ7月8日、国連安全保障理事会(安保理)決議1996(2011)を全会一致で採択し、国連南スーダン共和国ミッション(UNMISS)を設置しました。軍事要員7,000人、文民警察官900人などで構成されるミッションの当初の任期は1年間。南スーダン担当事務総長特別代表に任命されたヒルデ・ジョンソン氏(ノルウェー)が同ミッションを率いることになります。

南スーダン共和国のサルバ・キール大統領は9日、国連加盟を申請する書簡を提出しています。今後、総会は安保理の勧告を受けて加盟を承認する予定で、今月中旬にも決定する見込みです。加盟が実現すると、2006年のモンテネグロ共和国以来、193番目の加盟国となります。

* *** *

南スーダン共和国の独立式典が2011年7月9日、新首都ジュバで開催された。歴史的なこの日、新国家の国旗が高々と掲げられた©UN Photo/Paul Banks
独立式典で挨拶を交わすバシル スーダン大統領(左)とサルバ・キール 南スーダン大統領(右)©Issac Billy
式典会場に到着し、手を振る潘基文(パン・ギムン)国連事務総長(左)とダイス第65回国連総会議長©UN Photo/Eskinder Debebe
国家の独立を果たし、高揚感に包まれる南スーダンの人々©UN Photo/Eskinder Debebe
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。