• プリント

ピース・ワン・デー

プレスリリース 02/032-J 2002年04月10日

「一人ひとりの人間が変化をもたらしうること、そして私たち一人ひとりがほんの少し行動すれば全体として大きな貢献ができることを皆さんは証明してくれました」

コフィー・アナン国連事務総長

 

 3年前、映画監督のジェレミー・ギレーが、記録に残る限り人類の歴史ではじめての「世界停戦日」を個人の力で作り出せるかどうか試すという実験を始めました。19999月、ロンドンのシェークスピア・グローブ座で、「ピース・ワン・デー」の活動がスタートしました。そのとき以来、ピース・ワン・デーは、各国の首長や世界中の重要人物に働きかけ、「世界停戦日」の実現に向けて足場を固めてきました。

 200197日、ピース・ワン・デーはその目的を達成しました。イギリス、コスタリカ両政府によって提出された決議が国連加盟国によって満場一致で採択され、世界中で921に定められた国連の国際平和デーを、毎年、「世界停戦日」とすることが、このたび正式に決定されたのです。

 「世界停戦日」の設定に成功したピース・ワン・デーは、今、この日をグローバルな結集日にするための世界的なネットワーク作りに着手しています。ピース・ワン・デーは社会のあらゆる方面の人々に対し、家庭で、職場で、私たちの日常生活の中で、「世界停戦日」に敬意を払うよう求めています。そして、軍事衝突や国内の争いが原因となって孤立している人々に到達するチャンスとして「世界停戦日」を進めていくために、政府ならびに非政府組織を含めたさまざまな組織と連絡を取り合っています。ピース・ワン・デーは、その全活動を映像に記録しています。はじめての「世界停戦日」である2002921日までを含むことになるこの長い記録は、世界中人々の心を動かす重要な手段の一つになるでしょう。

 ピース・ワン・デーは、短期間にここまでやってきました。一つのアイディアとして始まったものが、今では、政府、国連機関、NGO、ノーベル平和賞受賞者、宗教団体、企業、大学、学校、そして大人から若者に至る主だった人々から積極的に支持されているのです。

 個人や組織がこの活動の可能性を考え、私たちの任務において積極的に活動することに時間を割いてくれた結果として、これまでの成果があるのです。今、「世界停戦日」はこれまでにもまして、焦点を絞った形で人々が平和への努力を調和させていくチャンスとなっています。この活動についてさらに詳しくお知りになりたい方や参加を希望される方は、以下にご連絡になるか、私たちのホームページをご覧ください。皆さんがどのような形でどの程度かかわるのであっても、それがまわりの人々をこの活動に引き込んでいくことになるにちがいありません。

 私たちピース・ワン・デーは、現在、2002921日の準備をするよう全世界の人々に求めています。家を建てるには1つのれんがから始めるように、平和を望むならば1日から始めなければならないのです。

キャンペーンの目的

  • 国連の国際平和デーであり今では「世界停戦日」でもある毎年9月21日について、広く世界の人々に知ってもらうこと
  • 「世界停戦日」を世界の協調の日にする平和な式典に市民社会を取り込むこと
  • この日に、各国政府、国連システムの諸組織、地域組織、NGOに、人々の意識を高める教育的な活動――人の命を助けることになる活動――を率先して実行してもらい、また支援してもらうこと

ピース・ワン・デー

Block D, The Old Truman Brewery, 91 Brick Lane, London, E1 6QL, United Kingdom
電話:+44 (0) 207 456 9180
ファクス:+44 (0) 207 375 2007
電子メール:info@peaceoneday.org
www.peaceoneday.org

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。