• プリント

世界の子ども

プレスリリース 02/035-J 2002年04月15日

 世界には21億人の子どもがいます。それは世界の総人口の36%に当たります。毎年、およそ13200万人の子どもが生まれています。

 世界では、14人にひとりの子どもが絶望的な貧困の中で暮らしています。そうした子どもたちの家庭は、収入が1日1ドル未満なのです。開発途上国だけをみると、3人にひとりの子どもが絶望的な貧困の中で生活しています。

 12人にひとりは5才になる前に死亡します。そのほとんどが予防可能な原因で命を失うのです。

2000年に生まれた子ども100人のうち、

  • 53人がアジアで生まれました(インドが19人、中国が15人)。
  • 19人がサハラ以南のアフリカで生まれました。
  • 9人がラテンアメリカとカリブ海地域で生まれました。
  • 7人が中東と北アフリカで生まれました。
  • 5人が東ヨーロッパ、CIS諸国、バルト三国で生まれました。
  • 7人が西ヨーロッパ、アメリカ、カナダ、イスラエル、日本、オーストラリア、ニュージーランドの先進諸国で生まれました。

 社会状況が変化しなければ、この子どもたちを待ち受けているのは次のような現実です。

出生登録

  • 40人の出生が登録されないでしょう。出生登録されない子どもたちは公式に存在しないことになり、国籍も認められません。

予防接種

  • 26人がいかなる病気の予防接種も受けないでしょう。

栄養

  • 30人が生まれてから5年の間に栄養失調に見舞われることになるでしょう。
  • 最初の3ヵ月間を母乳だけで育てられるのは46人にすぎないでしょう。

水と衛生

  • 19人がきれいな飲み水を手に入れることができないでしょう。
  • 40人が十分な衛生設備のない環境で暮らすでしょう。

学校

  • 17人がまったく学校にいかず、そのうちの9人が女子でしょう。
  • 小学校に入学した100人の子どものうち、25人が5年生まで勉強を続けられないでしょう。

児童労働

  • 開発途上国の5才から14才の子どもの5人にひとりが働くことになるでしょう。
  • 働く子どもたちの半分はフルタイムで仕事をするでしょう。
  • アフリカで生まれた子どもたちは、24人のうちの9人が働くでしょう。
  • ラテンアメリカで生まれた子どもたちは、8人のうちのひとりが働くでしょう。

平均余命

  • この子どもたちは平均すると63才まで生きるでしょう。
  • 先進国では78才まで生きるでしょう。
  • HIV/エイズの深刻な影響を受けている45カ国では、平均寿命は58才です。
  • 特にHIV/エイズによる打撃が大きいボツワナ、マラウィ、モザンビーク、ルワンダ、ザンビア、ジンバブエでは、平均寿命は43才にも満たないのです。

* *** *

出展:国際労働事務局(ILO)、国連児童基金(UNICEF)、国連人口部

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。