• プリント

略歴
国連事務総長、米国のキャサリン・バーティーニ氏を管理担当事務次長に任命

プレスリリース 02/100-J 2002年11月28日

コフィー・アナン国連事務総長は2002年11月12日、新しい管理担当事務次長に、米国のキャサリン・バーティーニ氏を任命しました。バーティーニ氏はジョセフ・コナー氏を引継ぎ、2003年1月1日に同職に就任します。
 
 バーティーニ氏は10年間にわたり、世界最大の国際人道機関である、国連の世界食糧計画(WFP)の事務局長を務めました。WFPは2001年、総勢8,000人を超えるスタッフを通じて、82カ国の7,700万人の人々に食糧援助を行ないました。
 
 バーティーニ氏はアフリカ、アジア、ラテンアメリカ、中東、および、東欧と旧ソ連の一部で、戦争と自然災害の被災者となった何億人もの人々を援助した実績をもちます。同氏は特に、朝鮮民主主義人民共和国での飢饉終結や、2001年の大量の緊急食糧援助配給によるアフガニスタンでの飢餓回避、ボスニアとコソボでの危機に際する食糧物資提供の確保、および、2000年に「アフリカの角(アフリカ北東部)」で1,600万人が危機に瀕した大量飢餓の回避に向けた取組みにより、幅広い称賛を受けています。
 
 イタリア・ローマにあるWFP本部に勤務するかたわら、バーティーニ氏はWFPの運営を近代化し、その効率と実効性を高めることに尽力しました。WFP執行理事会は2002年、同計画の「変革の10年」における同氏の内部改革を称賛しました。WFPの資金は自発的拠出によるもので、2001年の拠出額は19億ドルに上り、過去最高に達しました。WFPの一般管理費は平均して全体の8%未満と、国連システムの中でも最も低く、この点では民間の慈善団体と比べても引けを取りません。人道状況を見極め、効果的な飢餓対策を実施するという任務の一環として、バーティーニ氏は積極的に各地に赴き、政府指導者のみならず、何千人もの援助を必要とする人々に会いました。
 
 バーティーニ氏は1992年、当時のジョージ・H.W.ブッシュ大統領の推薦に基づき、国連事務総長と国連食糧農業機関(FAO)事務局長によってWFP事務局長に任命されました。同氏は1997年、ビル・クリントン大統領をはじめ、開発途上77カ国グループとWFP執行理事会からの支持表明を受けて再任されました。WFP事務局長の任期は5年で、2期が上限となっています。
 
 バーティーニ氏は2000~2001年、事務総長により、アフリカの角における干ばつに関する特使に任命されました。3年にわたる干ばつによる被害を乗り越えようとする人々を助ける同氏の努力により、大量の食糧、水、医薬品その他の援助物資が調達されました。2002年8月、バーティーニ氏は2年の任期で、栄養に関する国連システム常設委員会(United Nations System Standing Committee on Nutrition)の議長に就任しました。同月、事務総長は同氏を事務総長の人道特使に任命し、ガザとヨルダン川西岸地区に住む人々の人道的ニーズを調査するため、イスラエルとパレスチナ自治区に派遣しました。
 
 2002年の秋学期、バーティーニ氏はミシガン大学のジェラルド・R.フォード公共政策大学院のタウズリー財団客員政策立案者(Towsley Foundation Policy Maker in Residence)を務めました。
 
 WFPに加わる以前、バーティーニ氏は米国農務省の食糧・消費者サービス担当次官補、および、米国保健・福祉省の家庭支援部次官補代理を歴任しました。イリノイとニューヨークの州政府での勤務経験もあります。同氏は10年にわたり、イリノイ州シカゴのコンテイナー・コーポレーション・オブ・アメリカで広報官を務めました。1986年には、ハーバード大学ジョン・F.ケネディ政治大学院の特別研究員となりました。同氏は長年にわたり、米国の政界で活躍しています。
 
 バーティーニ氏は4カ国7大学から名誉博士号を取得しています。2002年、同氏はイタリア共和国からメリット勲章(Order of Merit)を授与されたほか、アフリカ・ジャーナリスト協会からも優秀賞(Prize of Excellence)を受賞しました。ロンドンのタイムズ誌は1996年、同氏を「世界でもっとも影響力のある女性」の一人に数えました。
 
 さかのぼると、全米公共福祉協会(同氏の貧困層への取組みに対して褒賞を与えた米国の組織の一つ)は、同氏が「まさに公務のあり方を体現している」という賛辞を贈りました。
 
 バーティーニ氏は1950年、米国生まれ。1971年にニューヨーク州立大学オールバニー校から政治学士号を取得。同氏と夫でフリーの写真家、トム・ハスケル氏はニューヨーク州コートランド在住。バーティーニ氏はコミュニティの楽団でクラリネット奏者を務めています。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。