• プリント

主要機関の構成国

1998年11月12日

安全保障理事会

 理事会は15の理事国で構成されます。常任理事国である中国、フランス、ロシア連邦、イギリス、アメリカの5カ国と、2年任期で総会により選出される10カ国です。各国の任期は、カッコ内に示した年の12月31日まで。なお議長は、理事国がひと月ごとに持ち回りで務めます(アルファベット順)。

議長国 任期
1月 米国 (常任理事国)
2月 アルゼンチン (2000)
3月 バングラデシュ (2001)
4月 カナダ (2000)
5月 中国 (常任理事国)
6月 フランス (常任理事国)
7月 ジャマイカ (2001)
8月 マレーシア (2000)
9月 マリ (2001)
10月 ナミビア (2000)
11月 オランダ (2000)
12月 ロシア連邦 (常任理事国)
チュニジア (2001)
ウクライナ (2001)
英国 (常任理事国)


経済社会理事会

 経済社会理事会は54カ国で構成されます。構成国は総会によって、3年の任期で選ばれます。以下は1999年の構成国。各国の任期は、カッコ内に示した年の12月31日まで。

アルジェリア(2000)、アンゴラ (2002)、オーストリア(2002)、バーレーン(2002)、ベラルーシ(2000)、ベルギー(2000)、ベナン(2002)、ボリビア(2001)、ブラジル(2000)、ブルガリア(2001)、ブルキナファソ(2002)、カメルーン(2002)、カナダ(2001)、中国(2001)、コロンビア (2000)、コモロ(2000)、コスタリカ (2002)、クロアチア(2002)、キューバ(2002)、チェコ共和国(2001)、コンゴ民主共和国(2001)、デンマーク(2001)、フィジー (2002)、フランス(2002)、ドイツ (2002)、ギリシャ (2002)、ギニアビサウ (2001)、ホンジュラス(2001)、インド(2000)、インドネシア (2001)、イタリア (2000)、日本 (2002)、レソト (2000)、モーリシャス (2000)、メキシコ (2002)、モロッコ (2001)、ニュージーランド (2000)、ノルウェー (2001)、オマーン (2000)、パキスタン(2000)、ポーランド (2000)、ポルトガル (2002)、ロシア連邦 (2001)、ルワンダ(2001)、セントルシア(2000)、サウジアラビア(2001)、シエラレオネ(2000)、スーダン (2002)、スリナム (2002)、シリア (2001)、英国(2001)、米国 (2000)、ベネズエラ (2001)、ベトナム(2000).

国際司法裁判所

(2000年:同年2月5日までが任期。以下同様)

  • ジルベール・ギョーム(Gilbert Guillaume, フランス)
  • レイモンド・ランジェヴァ(Raymond Ranjeva, マダガスカル)
  • クリストファー・G・ウィラマントリー(Christopher G. Weeramantry, スリランカ)
  • ロザリン・ヒギンス(Rosalyn Higgns, 英国)
  • ゴンザロ・パラ=アラングレン(Gonzalo Parra-Aranguren, ベネズエラ)

(2003年)

  • 史久镛(Shi Jiuyong, 中国)
  • カール=オーガスト・フライシャワー(Carl-August Fleischhauer, ドイツ)
  • ゲザ・ヘルツェグ(Geza Herczegh, ハンガリー)
  • 小田滋(Oda Shigeru, 日本)
  • アブデル・G・コロマ(Abdul G. Koroma, シエラレオネ)

(2006年)

  • ステファン・M・シュウェーベル(Stephan M. Schwebel, 米国)
  • モハメッド・ベジャウイ(Mohammed Bedjaoui, アルジェリア)
  • ウラドレン・S・ヴェレシュチェチン(Vladlen . Vereshchetin, ロシア連邦)
  • ピーター・H・クーイマンス(Pieter H. Kooijmans, オランダ)
  • フランシスコ・レゼク(Francisco Rezek, ブラジル)
 1999年11月3日総会および安保理は、国際司法裁判所(ICJ)の判事5人を同時に選出した。このうち、4人はICJの現判事(来年2月5日に任期満了)のGilbert Guillaume(フランス)、Rosalyn Higgins(イギリス)、Gonzalo Parra-Anguren(ベネズエラ)、Raymond Ranjeva(マダガスカル)。残る1人は、Awn Shawkat Al-Khasawneh(ヨルダン)で、ICJ判事に選出されたのは今回が初めて。これら5人の任期は2月6日から9年間。

 1999年11月30日、国際司法裁判所(ICJ)所長シュウェーベル氏が2000年2月29日付で辞任することにより生じる空席を埋めるべく、安保理は決議1278を無投票で採択し、2000年3月2日に新しいICJ判事を選出する選挙を行うことを決定した。

 2000年3月2日、総会および安保理はそれぞれ、Thomas Buergenthal氏(米国)を国際司法裁判所判事として選出した。先月、任期途中で退任したStephen Schwebel判事(米国)の後任として、2006年2月まで、同判事の残り任期を務める。