• プリント

8月27日付のジャパンタイムズにモハメッド事務総長特別顧問(ポスト2015年開発アジェンダ担当)の寄稿文が掲載されました

2014年08月27日

8月27日付のジャパンタイムズに、アミーナ・モハメッド事務総長特別顧問(ポスト2015年開発アジェンダ担当)の寄稿文 “A transformative global agenda for development” が掲載されました。

ポスト2015年開発アジェンダの設定は国連の優先課題です。今年7月には、国連総会の持続可能な開発目標に関するオープン・ワーキング・グループが、17項目からなる目標案を総会に提出。人々の生活を改善し、将来の世代のために地球を守ることを目的に、経済的、社会的、環境的側面に取り組む一連の目標案が示されました。

ポスト2015年開発アジェンダを取りまとめる国連の責任者であるモハメッド顧問は、新しい開発目標の設定に向けた最新の動きをわかりやすく紹介しています。

ジャパンタイムズの掲載記事はこちらからご覧いただけます。

関連プレスリリース:

持続可能な開発目標、国連総会のオープン・ワーキング・グループが提案

©UN Photo/Devra Berkowitz
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。