• プリント

7月30日付の毎日新聞「発言 海外から」に、マカイユ国連地雷対策サービス部長の記事が掲載されました

2014年07月30日

7月30日付の毎日新聞「発言 海外から」欄に、アニエス・マカイユ国連地雷対策サービス部長の記事が掲載されました。

国連地雷対策サービス部(UNMAS)は、地雷除去や被害防止教育により多くの地元の女性を雇用し、活躍する機会を与えることを目指しています。マカイユ部長は「国を再建し、経済を回復させるためには全国民が一致団結する必要があり、女性の能力を使わない手はない」と述べ、地雷除去に女性の力を活用することが重要だとしています。

毎日新聞の掲載記事はこちらからご覧いただけます。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。