• プリント

7月17日付の読売新聞に、昭和女子大特別シンポジウム「女性は世界を変える」の記事が掲載されました

2014年07月17日

7月17日付の読売新聞・特別面に、6月4日に昭和女子大学で行われた特別シンポジウム「女性は世界を変える」の開催報告が掲載されました。

パネリストの一人としてシンポジウムに登壇した根本かおる 国連広報センター所長は、グローバルな課題解決に向かう上で、「ビジョンは大きく持ちながら、自分の一歩を踏み出すことから始まる」と述べ、約1,400人の聴講者の多くを占めた女子学生に向け、熱いエールを送りました。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。