• プリント

4月19日付の朝日新聞に根本かおる所長の寄稿文掲載

2014年04月21日

4月19日付の朝日新聞に、根本かおる 国連広報センター所長の寄稿文「国際機関邦人職員 JPO拡充で人材育てよ」が掲載されました。

現在、国連で働く日本人職員は望ましい職員数の3分の1程度にとどまっています。また、意欲あふれる若手の日本人が国連で働こうとするときの登竜門である「ジュニア・プロフェッショナル・オフィサー(JPO)」の派遣数は、応募者の減少や予算の削減などで今年度はピーク時から半減しています。

国連は意欲ある日本人をより多く採用するべく、機関合同の訪日ミッションを実施するなど積極的な対応を行っています。「こうした動きを好機ととらえ、総合的に日本の国際貢献を担う人材を育てよう」と根本所長は提唱しています。

記事はこちらからご覧ください。

根本かおる 国連広報センター所長
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。