• プリント

4月8日付の毎日新聞に潘事務総長の寄稿文「ルワンダ虐殺から20年」 掲載

2014年04月08日

4月8日付の毎日新聞に、ルワンダ虐殺から20年を迎えるにあたり、潘基文(パン・ギムン)事務総長が寄稿を行いました。

アフリカ中部ルワンダで約80万人が犠牲となった虐殺を振り返り、虐殺を許した過ちから国連が何を学んできたかを述べると共に、今また「ルワンダ虐殺」の再来とも言われ、悪化の一途をたどっている中央アフリカ共和国の窮状を食い止めるため、国際社会に決意ある対応を呼びかけています。

記事はこちらからご覧ください。

 

 

事務総長は4月7日、ルワンダの首都キガリで行われた20周年の式典に出席した。右はルワンダのカガメ大統領©UN Photo/Evan Schneider
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。