• プリント

11月27日付 産経新聞に、中満泉 国連事務次長・軍縮担当上級代表らの寄稿が掲載されました

2020年11月30日

11月27日付 産経新聞に、中満泉 国連事務次長・軍縮担当上級代表とセルマ・アシパラ=ムサヴィ軍縮問題諮問委員会委員長の連名による寄稿が掲載されました。

国連安全保障理事会で2000年10月31日に女性と平和・安全に関する初の決議が採択されてから、今年で20年を迎えます。寄稿は、平和をつくる議論や意思決定のプロセスに女性が参画することの重要性を再認識し、ジェンダー平等を平和と安全分野の中でも推進するための提言を行っています。

寄稿の全文は以下からご覧いただけます

寄稿 「ジェンダーの平等」を平和構築の中核に(産経ニュース)
中満泉 国連事務次長・軍縮担当上級代表
セルマ・アシパラ=ムサヴィ軍縮問題諮問委員会委員長

https://www.sankei.com/world/news/201127/wor2011270023-n1.html