• プリント

7月21日付 毎日新聞に、事務総長の寄稿「ヘイトスピーチの野火」が掲載されました

2019年07月23日

7月21日付の毎日新聞に、アントニオ・グテーレス国連事務総長による寄稿「ヘイトスピーチの野火」が掲載されました。

国連は6月18日、「ヘイトスピーチに関する国連戦略・行動計画」を発表しました。「ヘイトスピーチは暴力の基盤となり、平和や安定、持続可能な開発、人間の尊厳という理念を後退させかねない」という考えから、憎悪の根源に対処し、より効果的な措置を取るため国連システム全体の調整を図ることを目的にしています。

寄稿の中で事務総長は「ともに憎悪の野火を消し、我々を一つの家族として結び付けている価値観を維持する」ことを呼びかけています。

記事はこちらからご覧いただけます。

【関連記事】
アントニオ・グテーレス国連事務総長、 ヘイトスピーチに関する国連の戦略と計画を発表(2019年6月)

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。