• プリント

6月26日付 日本経済新聞とNikkei Asian Reviewに、事務総長の寄稿が掲載されました

2019年06月26日

6月26日付 日本経済新聞とNikkei Asian Reviewに、アントニオ・グテーレス事務総長によるデジタル協力に関する寄稿が掲載されました。

デジタル技術の恩恵を最大限に高め、その負の影響を最小限に抑えるよう、事務総長は「デジタル協力に関するハイレベル・パネル」を昨年7月に設置。同パネルは今年6月10日に打ち出した提言の中で、政府や市民社会、学会、ハイテク産業が集まって議論する枠組みとして、国連という場を認めています。

事務総長は寄稿の中で、平和で豊かで前向きなデジタルの未来を形作る必要を強く訴え、デジタル技術に関する国際的な議論を国連主導で進めると述べています。

それぞれの記事は以下からご覧いただけます。

https://www.nikkei.com/article/DGXMZO46546320V20C19A6FF8000/

https://asia.nikkei.com/Opinion/Time-for-global-cooperation-on-governing-digital-technology

【関連記事】

国連の独立パネル、包摂的なデジタルの未来構築に向けた報告書と提言を発表(2019年6月)

事務総長、デジタル協力に関するハイレベル・パネルを設置(2018年7月)