• プリント

ハフィントン・ポスト(日本語版)に、エスピノサ第73回国連総会議長による寄稿が掲載されました

2018年10月02日

10月1日 ハフィントン・ポスト(日本語版)に、マリア・フェルナンダ・エスピノサ第73回国連総会議長による寄稿「国連をすべての人の関心事とするために」が掲載されました。

国連議長を務める4人目の女性であり、初のラテンアメリカ・カリブ地域出身者となったエスピノサ氏。多国間主義に対する信頼を取り戻し、孤立主義や極端な形のナショナリズム、排外主義の動き、暴力的過激主義の脅威を逆転させるためには、「こうした諸勢力がいずれも、真空地帯から生じたものではないことを認識しなければなりません」と述べます。

議長就任にあたっての決意表明となる記事は、こちらからご覧いただけます。
https://www.huffingtonpost.jp/unic/un-speech-gender_a_23546658/

©UN Photo/Loey Felipe
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。