• プリント

ハフィントン・ポスト(日本語版)に、グテーレス事務総長による寄稿「ロヒンギャ難民に支援の手を」が掲載されました

2018年07月30日

©UNFPA Bangladesh/Allison Joyce

7月30日 ハフィントン・ポスト(日本語版)に、アントニオ・グテーレス国連事務総長による寄稿「ロヒンギャ難民に支援の手を」が掲載されました。

ミャンマー北部のラカイン州から逃れたロヒンギャの人々がたどり着いた隣国バングラデシュ。今年6月、同国のコックスバザール地区を訪れた事務総長は、ロヒンギャ難民の人々が経験した想像を絶する苦痛に耳を傾けるとともに、改めて国際社会による真の援助を求めます。

記事はこちらからご覧いただけます。
https://www.huffingtonpost.jp/unic/rohingya-20180730_a_23490659/

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。