• プリント

6月17日付 毎日新聞に、ディ・ピッポ国連宇宙部長による寄稿が掲載されました

2018年06月18日

617日付の毎日新聞「世界の見方」に、国連宇宙部(UNOOSA)を率いるシモネッタ・ディ・ピッポ部長による寄稿「宇宙の活用と国際協力」が掲載されました。

宇宙空間の探査と平和利用に関する国連会議「UNISPACE」の50周年記念会議が18日、ウィーンで開幕します。ディ・ピッポ部長は、「私たちはカーナビや国際電話など、日々の生活の中でさまざまな形で宇宙科学技術に依存している」と述べ、宇宙は持続可能な開発を実現するためのかけがえのない手段であり、すべての人々が宇宙の恩恵を享受できることが重要だと訴えています。

記事はこちらからご覧いただけます。

©UNOOSA
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。