• プリント

6月11日 ハフィントン・ポスト(日本語版)に、国連人権担当 事務次長補による寄稿「攻撃にさらされるアジアの人権擁護者」が掲載されました

2018年06月12日

6月11日 ハフィントン・ポスト(日本語版)に、アンドリュー・ギルモア国連人権担当事務次長補による寄稿「攻撃にさらされるアジアの人権擁護者」が掲載されました。

全世界の人権擁護者は、ますます大きな脅迫や攻撃にさらされ、口を封じられている現状にあります。ギルモア事務次長補はフィリピン、カンボジア、ミャンマーでの事例を挙げながら、アジアにおける人権擁護者に対する批判・攻撃が高まっていることに強い懸念を表明。その中には、国連人権理事会の任命した特別報告者に協力した市民への暴力的報復も含まれています。

記事はこちらからご覧いただけます。

©UN Photo/Manuel Elias
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。