• プリント

11月5日付の毎日新聞「発言 海外から」に、バングーラ事務総長特別代表(紛争下の性的暴力担当)の寄稿文が掲載されました

2014年11月05日

11月5日付の毎日新聞「発言 海外から」欄に、ザイナブ・ハワ・バングーラ国連事務総長特別代表(紛争下の性的暴力担当)の寄稿文が掲載されました。

10月上旬に南スーダン共和国を訪れ、紛争下での性的暴力の実態を調査する初めてのミッションを行ったバングーラ特別代表。民族的対立を背景とする武力衝突が続く南スーダンで、レイプをはじめとした性的暴力が「政治手段や戦争の武器」として使われていることに強い懸念を示します。そして今こそ、南スーダンの国民、とりわけ指導者が、性的暴力という災いに終止符を打たねばならないと働きかけます。

毎日新聞の掲載記事はこちらからご覧いただけます。

訪問先の南スーダンで記者の質問に応えるバングーラ事務総長特別代表©Isaac Alebe Avoro Lu'ba, UNMISS
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。