• プリント

2005年 国連デー 公開フォーラム
国連創立60周年・国連大学創立30周年:

21世紀に国連で働く-平和構築への貢献

プレスリリース 05/084-J 2005年10月06日

国連および国連大学は、激動する現代史の中で多種多様な役割を担ってきました。国連創立60周年、国連大学創立30周年にあたる記念すべき今年の国連デーは、過去の歴史を踏まえた上で、21世紀の更に大きく変化してゆくであろう時代に、国連と国連大学がどのような役割を果たせるかを考える機会と位置づけました。平和構築に焦点をあて、今国連が何を行ないつつあるか、何が出来るのか、また、国連大学はその平和構築等を視野に入れた上で、今後どのような役割を果たせるのかを考えます。

《プログラム》

日時: 2005年10月24日(月)9:45-18:00(受付2階9:15より)
場所:

UNハウス3階 ウ・タント国際会議場
(渋谷駅または表参道駅より徒歩10分 〒150-8925東京都渋谷区神宮前5-53-70)

<午前の部「30周年を迎える国連大学:21世紀に期待される国連大学の役割」>
9:45-10:00

司会:安井至(国連大学副学長)
ビデオメッセージ:コフィー・アナン国連事務総長/祝辞:日本政府代表

10:00-11:00
基調講演:

「国連大学創立30周年:21世紀に躍進する国連大学の役割」
ハンスファンヒンケル(国連大学学長)

講演:

「21世紀に躍進する国連大学の役割」
中田宏(横浜市市長)/矢嶋英敏(島津製作所取締役会長)

<15分間休憩>
11:15-12:30 パネルディスカッション:「21世紀における国連大学の役割」

 
12:30-14:00:昼食休憩

<午後の部「60周年を迎える国連:21世紀に平和構築に取り組む国連」>

14:00-14:50

総合司会:マリ・クリスティーヌ(国連ハビタット親善大使)
基調講演:「21世紀における平和構築」 アントニオ・グテーレス(国連難民高等弁務官)

14:50-17:50

パネルディスカッション「21世紀に国連で働く-平和構築への貢献」
(1)アフリカにおける平和構築(2)アジアにおける平和構築 
(3)平和構築、ミレニアム開発目標と21世紀の課題

参加国連機関: ILO, UNDP, UNFPA, UN-HABITAT, UNHCR, UNICEF, UNOPS, UNU, WFP, WHO
17:50-18:00 閉会の辞:ハンスファンヒンケル(国連大学学長)
18:00-19:30 レセプション(2階レセプションホール)

 

  • 各国連機関によるワークショップ(18:30-19:30)参加ご希望の方は、当日受付の際にご登録ください。
  • 日・英の同時通訳がつきます。
  • 都合により変更する場合があります。
  • 2Fにて各国連機関の展示を行っています。(9:45-19:30)

参加ご希望の方は、下記の申込書にご記入の上、Fax:03-3499-2828またはE-mail:unday2005@hq.unu.edu宛に10月14日(金)までにご送付ください。お問い合わせ等は、国連大学国連デー事務局(Tel:03-3499-2811)もしくは上記Fax/E-mailまでお願い申し上げます。

参加申込書:(PDFファイルWord文書