• プリント

UNギャラリー
21世紀 希望の人権展 かけがえのないあなたがいる」 12月7日スタート

プレスリリース 05/097-J 2005年12月02日

東京・渋谷のUNギャラリーでは、2005年12月7日(水)から25日(日)まで、「21世紀 希望の人権展 かけがえのないあなたがいる~For Your Happiness and Global Peace」を開催します。

今回の展示では、障害や偏見を乗り越えてきたアーティストの作品や歴史上の貴重な資料を含む230点の展示物を中心に、世界と日本のあらゆる「人権問題」をパネル解説を交えてコンパクトに、かつ多角的にご紹介します。

病気や身体障害、民族問題、戦争、人身売買などさまざまな理由で人権を侵害されながらも、それを乗り越えようとする人々の手による作品は、いずれも深く胸に迫るものばかりです。また、世界331言語とギネスブック公認の最多翻訳文書である「世界人権宣言」を、50インチのタッチパネルでご覧になれます。

なお、この展示はさまざまな人に「開かれて」います。

  • 全パネルふりがな付き(一部、対象外もあります)。
  • 視覚障害者のための携帯電話ホームページを開設。
  • 英語、ハングル、中国語、スペイン語ほか、多言語で展示パネルの概要を配布予定。
  • 約400冊の絵本が手に取れる絵本コーナーを設置。

多くの皆さまのご来館を心よりお待ちしています。

期 間: 2005年12月7日(水)~12月25(日)
*期間中、休館日はありません。
時 間: 午前10時~午後5時
場 所: UNギャラリー(UNハウス1、2階)
渋谷区神宮前5-53-70 (地下鉄表参道駅、B2出口より徒歩5分)
主 催: 創価学会、国際連合広報センター
後 援: 国連児童基金(ユニセフ)駐日事務所、団法人日本ユネスコ協会連盟
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。