• プリント

国連創設75周年を記念する対話がスタート: 今から始まる世界最大規模の話し合いで、世界の未来を考えよう

プレスリリース 20-001-J 2020年01月10日

 

2020年1月1日、UN75イニシアティブが発足しました。国連創設75周年を記念し、すべての人にとってより良い未来を築くためのグローバル協力の役割について議論する、これまでで最大かつ最も包摂的な話し合いです。国連は2020年の一年間、このイニシアティブを通じて世界の様々な状況のもとで対話を促していきます。

「グローバル・リアリティー・チェック(世界の現状把握)」として、4つの革新的なデータストリームが、地球規模の主要課題に対する解決策の初のリポジトリを、クラウドソーシングで構築します。

UN75の対話は、誰でも参加できる「1分間アンケート」、50カ国で行われる世論調査、70カ国で行われる従来型メディアとソーシャルメディアに関する人工知能(AI)意識分析とともに、国内的・国際的な政策と討議の参考となる説得力のあるデータを生成することになります。

事務総長は次のように参加を呼びかけています。「どの国も、そしてどのコミュニティーも、私たちの世界が抱える複雑な問題を独力で解決することはできません。私たちは単に意見を述べるだけでなく、意見を聞くためにも集う必要があります。皆さん全員が話し合いに加わることが不可欠です。私たちが奉仕すべき世界中の人々に、より良い成果を届けられるようにするためには、皆さんの意見、皆さんの戦略、そして皆さんのアイディアが必要です」

UN75のチームは、国境や部門、世代を越えて支持者に働きかけるため、国連常駐調整官を含む幅広いマルチセクター・ネットワークと連携しながら、全世界の多様な人々にリーチして、あらゆる国での対話を実施しようとしています。

UN75イニシアティブでは、若者やまだ国連と関わり合っていない集団を中心に、地球規模の意見聴取を行い、喫緊のグローバル課題に照らし、国際協力への期待に対する理解を深めることを目指しています。

寄せられた見解やアイディアは、事務総長が2020年9月21日の国連創設75周年記念ハイレベル・イベントで、世界のリーダーと国連のシニアレベルの幹部に提示します。

対話に着想と情報を提供するため、国連はVox MediaのブランドスタジオVox Creativeとも連携し、全世界の38人とのインタビューに基づく動画を制作し、重要な地球規模の問題に関する経験や意見を共有します。この動画は2020年1月6日に発表予定です。

実地またはオンラインで対話への参加をご希望の方は、以下で参加方法をご覧ください。
https://www.unic.or.jp/activities/international_observances/un75/

さらに詳しい情報や取材のお申込みはLisa Laskaridis(lisa.laskaridis@un.org)までお問い合わせください。

* *** *

原文(English)はこちらをご覧ください。