• プリント

連載:モルディブで、サステナビリティーについて考えた
   根本かおる所長のブログ寄稿(全5回)
   ~第5回・最終回は、日本女性特有のしなやかさで 国連システムをとりまとめる~

2018年04月19日

国連広報センターの根本かおる所長が、2018年3月10日から16日、インド洋の島国モルディブを訪問し、気候変動対応の最前線での国連の活動などを視察しました。温暖化による異常気象や海面上昇が人々の暮らしに影響を及ぼしているモルディブで、サステナビリティーについて考えたことをシリーズでお伝えします。

 

<><><><><><><><><><><><>
第5回  日本女性特有のしなやかさで 国連システムをとりまとめる

第4回  モルディブで出会った女性のロールモデルたち

第3回  モルディブの明日は、若者たちこそが担う

第2回  プラスチックごみ、そして海面上昇と異常気象との闘い

第1回  モルディブの離島での水事情 -きれいな水確保の最前線

 

UN Photo Shoko Noda
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。