• プリント

「タイムトラベル! アンネ・フランク 隠れ家で日記を書いた少女」

プレスリリース 08/002-J 2008年01月10日

〜 1月27日は ホロコースト犠牲者を想起する国際デーです 〜

国連は1月27日を「ホロコースト犠牲者を想起する国際デー」に定めています。同国際デーを記念して、国連広報センターは1月29日(火)、NPO法人ホロコースト教育資料センターの協力を得て、ワークショップ 「タイムトラベル! アンネ・フランク 隠れ家で日記を書いた少女」を開催します。

第二次世界大戦中に起きたナチス・ドイツによるユダヤ人虐殺(ホロコースト)は人類史上類を見ない、そして否定の余地のない悲劇でした。ユダヤ人をはじめ、数百万人の人々が組織的に殺害されたという事実が与えた衝撃は、数十年を経た現在も揺らぐことはありません。潘基文(パン ギムン)国連事務総長はメッセージの中で、「ホロコーストの教訓は今日の世界に生かされなければなりません。そしてすべての人々が、国連の掲げる保護と権利を享受できるよう、私たちが全力を尽くさねばならないのです」と述べています。

2008年は世界人権宣言が採択されて60周年に当たります。ワークショップを通して、一人ひとりがホロコーストについて、そして人権について改めて考える機会になることを願っています。ぜひご参加ください。

 

タイトル:

ワークショップ「タイムトラベル! アンネ・フランク 隠れ家で日記を書いた少女」

日 時: 2008年1月29日(火) 午後4時30分〜午後6時 (受付開始 午後4時)
場 所: UNハウス(国連大学本部ビル)5階 コミッティルーム2・3
【地図】http://www.unu.edu/hq/japanese/access/index.html
参加費: 無料
参加人数:

先着50人(対象:一般、学生。小中高生も歓迎します)

申し込み先:

添付の申し込み用紙にご記入の上、ファクスにて 2008年1月28日(月)まで
ファクスでお申し込みください。

プログラム(予定)

・スライド上映と講話
・アンネの隠れ家を映像で紹介
・隠れ家の大きさを測る
・日記の抜粋を読む

ワークショップ「タイムトラベル! アンネ・フランク 隠れ家で日記を書いた少女」参加申込書


国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。