• プリント

国際機関合同アウトリーチ・ミッション10月13-15日 ~ 国際機関の人事担当者が採用制度等の説明のため合同で訪日します

プレスリリース 15-080-J 2015年09月09日

開催のお知らせ・ご取材のお願い

今年も10月13日(火)から15日(木)の日程で「国際機関合同アウトリーチ・ミッション」が訪日し、国連事務局と外務省国際機関人事センターとの主催で都内で採用説明会を開きます。

今回参加する国際機関は、国連事務局(UN)、国連開発計画(UNDP)、国連人口基金(UNFPA)、国連児童基金(UNICEF)、国連ボランティア計画(UNV)、UN Women、国際原子力機関(IAEA)、国際労働機関(ILO)、包括的核実験禁止条約機関(CTBTO)の9つの機関で、2013年から毎年開催されている同アウトリーチ・ミッションとしては最多の参加機関となります。

国際機関で活躍されたいと思う方、国際貢献に関心のある方にとって、採用の仕組みや国際機関の仕事の内容などを人事担当から直接聞くことができ、また、質問もできる貴重な機会です。皆様の積極的な参加をお待ちしております。

本年の開催日時と開催場所の概要は以下のとおりです。すべて事前申込制で、参加は無料です。

10月13日(火)18:30-21:30 国連大学(ウ・タントホール)

10月14日(水)14:00-17:00 早稲田大学(井深大記念ホール)

10月14日(水)18:30-21:30 国連大学(ウ・タントホール)

10月15日(木)14:00-17:00 上智大学(2号館1702室)

 

応募申し込みの締め切りは105(月)です。

開催場所の詳細や参加申込の方法については、以下のURLから確認して下さい。

http://www.mofa-irc.go.jp/dl-data/2015outreach.pdf

概要問い合わせ、取材申し込み:

外務省 国際機関人事センター(直通) Tel: 03-5501-8238

* *** *

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。