• プリント

第25回国連軍縮会議(8月26-28日、広島) 2015年NPT再検討会議を受け、核兵器のない世界の実現を

プレスリリース 15-067-J 2015年08月18日

*国連アジア太平洋平和軍縮センターからのご案内です

ニューヨーク、2015年8月18日(軍縮部) – 第25回国連軍縮会議は2015年8月26日から28日にかけ、広島で開催されます。

この会議は、国連軍縮部がアジア太平洋平和軍縮センターを通じ、日本政府、および、今年の開催地である広島県と広島市との協力により開催するものです。

会議には国や地方自治体、国連その他の政府間組織、学術研究機関、市民団体、報道機関、日本の学生などの代表が出席する予定です。

国連軍縮会議は、国際社会が直面する安全保障と軍縮関連の喫緊の課題に関し、率直な対話と意見の交換を行う重要なフォーラムとして広く認識されていますが、1989年以来、日本全国の多くの都市が、その開催地となっています。

国連の創設と、広島、長崎への原爆投下から70周年にあたる今年の会議では、2015年核兵器不拡散条約(NPT)締約国再検討会議に関する成果と今後の道のり、非核地帯の重要性、核兵器の人道的な影響、核兵器のない世界という究極的目標の実現に向けた取り組みを新たにするうえで、市民社会と教育が果たす役割が話し合われることになっています。

今回の会議には、包括的核実験禁止条約(CTBT)賢人グループのメンバーが参加し、核軍縮と不拡散におけるCTBTの役割に関する重要な問題も多く取り上げます。

会議費用はすべて国連軍縮部に対する日本政府からの任意の拠出金、および、開催地である広島県と広島市からの現物拠出によって賄われます。

詳細については、以下にお問い合わせください。

 Mr. Yuriy Kryvonos, Interim Director, United Nations Regional Centre for Peace and Disarmament (UNRCPD)

Tel.: +66 2288 1850

E-mail: info@unrcpd.org

*第25回国連軍縮会議の開催に関する資料(日本語)は、広島市ホームページのこちらをご覧ください。

 

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。