• プリント

国連広報センター、インパクに参加

2000年12月31日

国連広報センターは、20001231日より1年間にわたり開催される「インパク」に参加いたします。

インパクとは、インターネット博覧会の略称。日本政府が2001年を「新千年紀出発の年」として主催するインターネット上の博覧会のことで、政府、民間企業、地方自治体、NPOなど、様々な団体が独自のパビリオン(=ホームページ)を出展する予定です。

当センターのホームページでは、クイズやアニメ、動画など、できる限り楽しく親しみやすいものにしたいと考えております。なお、このインパク・パビリオンにおいては併せて、小・中学生ならびに高校生を対象にし、「21世紀における国連と日本の役割」をテーマにした作文コンクールも実施いたしますので、どうぞご応募ください。

インパクのURLは、http://www.inpaku.go.jpです。どうぞ、お運びください。お待ちしております。

なお国連広報センターでは、インパク開催期間中、情報更新などをお手伝いいただけるボランティアを募集しております。

お手伝いいただく仕事の内容は、毎日の情報更新や送付される作文管理などです。

資格要件としては、英語・日本語(読み書き)に堪能、国連・国際政治への高い関心、ノートブック・パソコン保有、強い責任感など。マッキントッシュでの編集作業が可能な方、大歓迎。

ご関心のある方は、担当職員(千葉、chiba123@blue.ocn.ne.jp)までEmailで、ご連絡ください。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。