• プリント

シリア危機と国連の対応【ウィークリー・アップデート第49号】7/2付資料

2014年07月07日

国連広報局(DPI)は、シリア危機への国連の様々な対応をまとめた資料を週に一度発表しています。以下はその日本語訳です。

*  * * * * * * * * *

ウィークリー・アップデート

国連広報局(DPI)第48号/2014625

 

◆国連特使、シリアの子どもに対する深刻な人権侵害を報告

レイラ・ゼルーギ子どもと武力紛争担当国連特別代表は、子どもと武力紛争に関する事務総長の年次報告書を発表し、シリアの紛争と暴力が2013年に前例のない水準にまで悪化したことを指摘しました。71に発表されたこの報告書によると、シリア紛争の発生以来、1万人を超える子どもの命が失われたと見られていますが、2013年には子供の殺傷件数が急激に増加しました。シリアでは、自由シリア軍(FSA)系集団やクルド人民防衛隊(YPG)、シャームの自由人(Ahrar al-Sham)、イラクとシャームのイスラム国(ISIS)、ヌスラ戦線(JAN)その他多くの武装集団が子どもを戦闘員として徴用しているとされています。報告書は、武装集団による男児、女児に対する性的暴力の事例も示したうえで、紛争当事者による性的暴力に対する一般市民の恐怖が引き続き、シリア人家族が国外に逃れる一因になっていると指摘しています。

-子どもと武力紛争に関する事務総長の年次報告書は以下をご覧ください。

http://www.un.org/ga/search/view_doc.asp?symbol=a/68/878

 

UNICEF、ホムスでの迫撃砲攻撃による4人の少女殺害を非難

71国連児童基金(UNICEF)は4人の女子生徒が6月29日、ホムス近郊の学校から下校中に迫撃砲攻撃を受け死亡した痛ましい事件について、強い遺憾の意を表明しました。4人の女子生徒はいずれも13~14歳で、ホムス市の北にあるラスタンでUNICEFが支援する学校に通っていました。「民間人居住地区に対する絶え間ない無差別攻撃によって子どもたちの命が失われていることは、到底許されるものではありません」。UNICEFはこのように述べ、シリアの紛争当事者すべてに対し、民間人に対する攻撃を直ちに停止するとともに、国際人道法と人権法に基づき、子どもに認められている特別の保護を全面的に尊重するよう、繰り返し求めました。

-詳しくは以下をご覧ください。

http://reliefweb.int/report/syrian-arab-republic/statement-killing-school-girls-rural-homs-attributable-youssouf-abdel

 

◆ヤルムーク難民キャンプの民間人に対する人道アクセスが急減

6月21日、シリア当局と反体制派武装勢力との間でヤルムークへの援助再開に関する合意が成立したにもかかわらず、パレスチナ難民キャンプには1カ月以上も食料援助が届けられていません。国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は7月1日の声明で、ヤルムークの民間人世帯には2014年5月23日以来、食料の配給を行えていないことに関し、深い憂慮を表明しました。「基本的な人道ニーズも人道アクセスの必要性も満たされない中で、ヤルムークで暮らす民間人は深刻な事態と闘い続けています」。UNRWAはこのように述べ、ヤルムーク内部での人道援助活動の即時再開を執拗に求め続けるとともに、6月21日の合意の当事者に対し、支援の再開を可能にするよう訴えていることを明らかにしました。

-プレスリリースは以下をご覧ください。

http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=48166#.U7oj3vl_tVI

 

◆アレッポでは停電と水不足が発生

人道問題調整事務所(OCHA)は630、アレッポ市内の各地区で全面停電や、1日の通電時間が1時間に満たない状態が続いているとの報告を受けたことを明らかにしました。アレッポの大部分では10日以上も断水が続いているほか、5日に1回、平均6時間しか通水しない地区もあります。国連機関その他のパートナーは、シリアの14県で上水の供給を確保し、1,650万人が引き続ききれいな水を利用できるよう、援助に取り組んでいます。また、人道援助要員は最近、水質検査器具と下痢対策キットを含む医療用品を13万8,000人以上のアレッポ市民に届けています。

-詳しくは以下をご覧ください。

http://www.un.org/sg/spokesperson/highlights/index.asp?HighD=6/30/2014

 

主な国連ニュース記事

CEDAW:女性と子どもに重い紛争の負担

国連女性差別撤廃委員会(CEDAW)は630、非政府組織(NGO)の代表から、シリアの女性が置かれた状況について聴取しました。NGOによると、女性と子どもは紛争の矢面に立たされ、暴力や差別を受けることが多くなっています。紛争によるストレスで、子どもの強制早婚や女児が絡む複婚の件数も増えてきています。また、2012年のシリア新憲法はジェンダーの平等を保証せず、ジェンダーを理由とする差別はもとより、暴力さえも禁じていないほか、差別的な法律に異議を唱えたり、その修正を求めたりする法的機会も認めておらず、シリア政府は紛争の継続を言い訳に、女性の人権の推進、保護、尊重、実現をいずれも怠っているという指摘もなされました。

http://www.ohchr.org/EN/NewsEvents/Pages/DisplayNews.aspx?NewsID=14807&LangID=E

 

国連の事務局、機関、基金および計画へのリンク

国連広報局(DPI)シリア特集ページ

http://www.un.org/apps/news/infocusRel.asp?infocusID=146&Body=Syria&Body1=

化学兵器禁止機関・国連合同査察団(OPCW-UN)

http://opcw.unmissions.org

国連児童基金(UNICEF)

http://www.unicef.org/media/index.html

世界食糧計画(WFP)

http://www.wfp.org/countries/syria

人道問題調整事務所(OCHA)

http://www.unocha.org/crisis/syria

世界保健機関(WHO)

http://www.who.int/countries/syr/en/

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

http://www.unhcr.org/pages/4f86c2426.html

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)

http://www.ohchr.org/en/NewsEvents/Pages/NewsSearch.aspx?CID=SY

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)

http://www.unrwa.org/

 

ソーシャルメディア:

Twitter: https://twitter.com/UN

Flickr: http://www.flickr.com/photos/un_photo/

YouTube: http://www.youtube.com/unitednations

Tumblr: http://united-nations.tumblr.com/

 

フォトギャラリー:

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

http://www.unhcr.org/pages/49c3646c25d.html

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)

http://www.unrwa.org/photogallery.php

人道問題調整事務所(OCHA)

http://www.unocha.org/media-resources/photo-gallery

国連児童基金(UNICEF)

http://www.unicef.org/photography/photo_2013.php#UNI82253

統合地域情報ネットワーク(IRIN)

http://www.irinnews.org/photo/

* *** *

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は、ヤルムークの民間人世帯に今年5月23日以来、食料の配給を行えていないことに関し、深い憂慮を表明した© UNRWA Archives/Rami Al-Sayyed
ゼルーギ 子どもと武力紛争担当国連特別代表は7月1日、子どもと武力紛争に関する事務総長の年次報告書を発表し、シリアの紛争と暴力が2013年に、前例のない水準にまで悪化したことを指摘した©UN Photo/Devra Berkowitz
紛争により280万人を超えるシリアの人々が、隣国のエジプト、イラク、ヨルダン、レバノン、そしてトルコに逃れた。難民の多くは教育や保健、水や衛生などの基本的なサービスへのアクセスが不十分な状況にある©UNICEF/UKLA2014-04933/schermbrucker
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。