• プリント

シリア危機と国連の対応 【ウィークリー・アップデート第4号】

2013年08月21日

国連広報局(DPI)は、シリア危機への国連の様々な対応をまとめた資料を週に一度発表しています。以下はその日本語訳です。

* * * * * * * * * * *

ウィークリー・アップデート
国連広報局(DPI)第4号/2013年8月14日

8月8日、事務総長はセルゲイ・ラブロフ露外相を迎えてワーキング・ディナーを開催し、人道危機の悪化と宗派間の暴力激化をはじめ、シリア紛争に関する問題について話し合いました。事務総長はこの会談で、危機の政治的解決策を探り、シリアに関する国際会議の開催に向けた機運を再び早急に高める必要性を強調しました。

-会談に関するプレスリリースは以下をご覧ください。
http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=45596&Cr=syria&Cr1=

8月13日、事務総長報道官は「シリア紛争における化学兵器使用の疑いに関する国連調査ミッション」を率いるオーケ・セルストレム教授とそのチームが、シリア訪問に必要な後方支援面の手配をすべて完了したと述べました。その一方で、アンゲラ・ケイン国連軍縮問題担当上級代表は、調査ミッションが適切、安全かつ効率的に活動を行えるようにするため、協力をめぐり欠かせない手順に関する合意をできるだけ早く取り付けられるよう、シリア政府との協議を続けています。

-会談に関するプレスリリースは以下をご覧ください。
http://www.un.org/apps/news/story.asp?NewsID=45611&Cr=Syria&Cr1=

国連人道問題調整事務所(OCHA)によると、暴力の激化によって、特にハサカ、ダルア両州で、さらに多くの民間人が避難を余儀なくされています。ラタキアの出先機関は、3,000世帯以上が国内避難民(IDP)となっているため、これらの人々に対する人道支援が必要になると見ています。

OCHAは同じ報告書で、8月3日、12日の両日、30日にわたって包囲が続いていたイドリブに初めて機関合同援助車両を派遣し、物資を届けたことを明らかにしました。この援助車両の調整は、後方支援クラスタ(Logistics Cluster)、シリア・アラブ赤新月社(SARC)およびOCHAの支援を受け、タルツスの国連拠点が担当しました。援助物資はWFP国連世界食糧計画、世界保健機関(WHO)、国連児童基金(UNICEF)、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)、国連人口基金(UNFPA)および国際移住機関(IOM)から提供されています。この援助車両により、1万7,750人に食料、5万人に高カロリー・ビスケット、1万2,000人に食料以外の物資、5,850人の子どもに教材と遊具、4万5,000人に3カ月分のプライマリー・ヘルスケア用医薬品がそれぞれ配給されることになります。

-OCHAの報告書についてはこちらをご覧ください。

8月13日、WFP報道官は7月中にシリアで290万人に食料を提供したことを明らかにするとともに、8月にはその数が300万人に達するだろうとの期待を表明しました。その中には、立ち入りが極めて困難であった地域での活動も含まれており、WFPはこれによって、支援対象者の96%に物資を提供したことになります。シリア国外でも110万人が食料支援を受けています。

-WFPの発表についてはこちらをご覧ください。

 

主な国連ニュース記事

ホムス農村部で避難民世帯に支援を提供
ホムス、2013年8月12日-シリア紛争で避難を余儀なくされた世帯は、住める場所であればどこでも居を定めているため、UNICEFはこれら世帯に対する安全な水、医薬品その他必須支援物資の提供に努めています。
http://www.unicef.org/infobycountry/syria_70125.html

UNRWAとパートナーは、学生の精神面の健康をサポート
長引くシリア紛争は子どもや若者、難民など、すでに弱い立場にある集団に著しい影響を与えています。国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)は欧州連合(EU)、ノルウェー難民委員会(NRC)その他の主要パートナーから支援を受け、紛争で被災したパレスチナ難民学生の精神的ニーズへの対応に努めています。
http://www.unrwa.org/etemplate.php?id=1845

 

国連の事務局、機関、基金および計画へのリンク

国連広報局(DPI)シリア特集ページ
http://www.un.org/apps/news/infocusRel.asp?infocusID=146&Body=Syria&Body1=

国連児童基金(UNICEF)
http://www.unicef.org/media/index.html

世界食糧計画(WFP)
http://www.wfp.org/countries/syria

人道問題調整事務所(OCHA)
http://www.unocha.org/crisis/syria

世界保健機関(WHO)
http://www.who.int/countries/syr/en/

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)
http://www.unhcr.org/pages/4f86c2426.html

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)
http://www.ohchr.org/en/NewsEvents/Pages/NewsSearch.aspx?CID=SY

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)
http://www.unrwa.org/

ソーシャルメディア

Twitter https://twitter.com/UN
Flickr: http://www.flickr.com/photos/un_photo/
YouTube: http://www.youtube.com/unitednations
Tumblr: http://united-nations.tumblr.com/

* *** *

セルゲイ・ラブロフ露外相(右)とシリア紛争について協議する潘基文事務総長©UN Photo/Evan Schneider
シリア紛争における化学兵器使用の疑いに関する国連調査ミッションを率いるオーケ・セルストレム氏(左)©UN Photo/Eskinder Debebe
レバノンのUNHCR難民登録センターで、シリアを逃れて到着したばかりの家族に言葉をかけるヴァレリー・エイモス 国連人道問題担当事務次長 兼 緊急援助調整官©OCHA/D. Palanivelu
ヨルダン北部のザータリ・キャンプでWFPからの食料配給の順番を待つシリア人の少女©WFP/Dina Elkassaby
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。