• プリント

ナイジェリアの国連施設に爆破テロ

2011年08月30日

ナイジェリアの首都アブジャで8月26日、26の国連機関が入るビルが襲撃され、多数の死傷者が出た。潘基文(パン・ギムン)事務総長は同日、声明を発表し、開発や人道支援に携わり命がけで人々を救う努力をしていたスタッフへの襲撃を強く非難した。

潘事務総長は、アシャ=ローズ・ミギロ副事務総長を急きょ現地へ派遣し、緊急事態への対応を図った。自動車を利用した爆破テロと見られる現場の惨状を確認したミギロ副事務総長は29日、「道徳的に非難されるべき行いだ」と述べると共に、「国連の職務遂行が妨げられることはない」として支援活動の継続を誓った。

* *** *

緊急声明を発表する潘事務総長。「命がけで人々を救う努力をしていたスタッフへの襲撃」を強く非難した(8月26日)© UN Photo/Mark Garten
ナイジェリアでの爆破テロで犠牲となったスタッフに黙とうを捧げる安全保障理事会(8月26日)© UN Photo/Rick Bajornas
記者会見場へ足早に向かう潘事務総長(左から2人目)© UN Photo/Mark Garten
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。