• プリント

国連ピースメッセンジャーと親善大使が
ニューヨーク本部に集います

プレスリリース 2/052-J 2002年06月17日

~日本からは有森裕子氏と中田武仁氏が参加~

 世界の国連ピースメッセンジャーと親善大使44人が、61819日の2日間にわたり、ニューヨークの国連本部に集います。この会合は200010月に次いで二度目となります。

 国連ピースメッセンジャーと親善大使は、芸術、音楽、映画、スポーツ、文学などの各分野で活躍する著名人が、その知名度を生かして国連の幅広い活動を支えるものです。

 今回、日本から参加するのは国連人口基金(United Nations Population Fund = UNFPA)の親善大使を務める、マラソンランナーでオリンピックメダリストの有森裕子氏と、国連ボランティア計画(United Nations Volunteers = UNV)の名誉大使・中田武仁氏です。中田氏は長男厚仁氏が国連ボランティアとしてカンボジアで殉職したことをきっかけに UNVでの活動を始めました。

 この会合に関して取材を希望されるメディアの方は、国連の発行する記者証が必要となります。記者証の申請は以下の部署あてにファクスでお申し込みください。

United Nations Media Accreditation and Liaison Unit
Fax: 1-212-963-4642
Tel: 1-212-963-6934/7164(ファクス申請の確認先としてのみ)

 なお、上記に関して詳しい情報をお知りになりたい方は国連広報センター(Tel: 03-5467-4451)までご連絡願います。

国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。