• プリント

シリア危機と国連の対応【ウィークリー・アップデート第68号】11/12付資料

2014年11月14日

国連広報局(DPI)は、シリア危機への国連の様々な対応をまとめた資料を週に一度発表しています。以下はその日本語訳です。

*  * * * * * * * * *

ウィークリー・アップデート

国連広報局(DPI)第68号/201411月12

 

国連特使、シリア高官と「紛争凍結」提案について協議

ステファン・デ・ミストゥーラ事務総長特使は2度目のシリア訪問で、バッシャール・アル・アサド大統領や政府高官と会談し、10月30日に安全保障理事会に提出されたアクション・プランについて話し合いました。特使は西部の都市ホムスも訪れ、県知事や反体制派の代表と会談しました。1111、シリア訪問を終えるにあたり、ダマスカスで記者会見を行ったデ・ミストゥーラ特使は、アレッポを起点として、戦闘を「凍結する」という特使の提案につき、シリア当局が国連との協力に建設的な関心を表明したことを指摘しました。

「私は、大統領や政府高官との会談から、国連の提案が極めて真剣に、かつ極めて前向きに検討されているとの感触を得ました」。特使はこう語り、次のように指摘しました。「この『凍結』がうまく行けば、政治的プロセスに向けた土台ができ上がる可能性もあります。もちろん、これをもって政治的解決に代えることはできませんが、この方向でのインセンティブとなることは間違いありません」。特使は、アクション・プランのねらいが、テロの脅威に取り組み、暴力を減らし、紛争の被災者に人道援助を提供することにあることを強調しました。「私たちは今、この提案をあらゆる人々に積極的に考慮、検討してもらおうとしています」。デ・ミストゥーラ特使はこう付け加えました。

―デ・ミストゥーラ特使による記者会見については以下をご覧ください。

http://www.un.org/sg/offthecuff/index.asp?nid=3718

 

深刻な資金不足の中で、避難民に対する越冬援助が危機に陥るおそれも

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は1111、100万人にも上る避難民が、資金不足により、冬に備えるための人道援助を受けられないおそれがあると警告しました。UNHCRの報道官は、ジュネーブで記者団に対し、シリアとイラクでは、避難民の越冬準備に向けた取り組みが進められている中、UNHCRは5,850万米ドルの資金不足に陥っています。UNHCRは、140万人を支援する計画を立てていますが、現在の資金では、12月までに62万人分の越冬用キットしか提供できないことになります。メリッサ・フレミング報道官は「資金不足が私たちの越冬準備プログラムに影響を及ぼしており、このままでは、UNHCRが誰を優先するかにつき、極めて難しい選択を迫られることになる」と語りました。UNHCRによると、シリアとイラクでの紛争による避難民の数は、1,360万人に達していますが、うち720万人がシリア国内に留まっています。

―UNHCR報道官による声明は以下をご覧ください。

http://www.unhcr.org/5461ed669.html

―詳しくは以下をご覧ください。

http://www.unog.ch/unog/website/news_media.nsf/%28httpBriefingsLatest_en%29/914BF4FFC68367A0C1257D8D00448BE5?OpenDocument

 

UNICEF、ダマスカスの学校に対する攻撃を強く非難

ハナー・シンガー国連児童基金(UNICEF)シリア担当代表は、117の声明で、子ども11人が死亡し、多数の負傷者を出したダマスカスの小学校に対する攻撃を強く非難しました。「11月5日、ダマスカス東部のアル・ハヤット小学校に対して加えられた攻撃は、すでに4年目に入っている残虐な紛争で、シリアの子どもたちが払わされている恐ろしい代償を、改めて思い起こさせる惨事となりました」。シンガー代表はこのように語っています。国連シリア事務所は2014年、9月までの累計で、このような事件が少なくとも35件発生し、子ども105人が死亡、293人が負傷したことを確認しています。UNICEFはすべての紛争当事者に対し、国際人道法と人権法に基づき、子どもを保護する義務を果たすよう、改めて求めました。

―UNICEFのシリア担当代表による声明は以下をご覧ください。

http://www.unicef.org/media/media_76951.html

 

国連の事務局、機関、基金および計画へのリンク:

国連広報局(DPI)シリア特集ページ:

http://www.un.org/apps/news/infocusRel.asp?infocusID=146

 

国連の人道関係機関:

国連児童基金(UNICEF)

http://www.unicef.org/media/index.html

世界食糧計画(WFP)

http://www.wfp.org/countries/syria

人道問題調整事務所(OCHA)

http://www.unocha.org/crisis/syria

世界保健機関(WHO)

http://www.who.int/countries/syr/en/

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

http://www.unhcr.org/pages/4f86c2426.html

国連人権高等弁務官事務所(OHCHR)

http://www.ohchr.org/en/NewsEvents/Pages/NewsSearch.aspx?CID=SY

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)

http://www.unrwa.org/

 

ソーシャルメディア:

Twitter: https://twitter.com/UN

Flickr: http://www.flickr.com/photos/un_photo/

YouTube: http://www.youtube.com/unitednations

Tumblr: http://united-nations.tumblr.com/

 

フォトギャラリー:

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)

http://www.unhcr.org/pages/49c3646c25d.html

国連パレスチナ難民救済事業機関(UNRWA)

http://www.unrwa.org/photogallery.php

人道問題調整事務所(OCHA)

http://www.unocha.org/media-resources/photo-gallery

国連児童基金(UNICEF)

http://www.unicef.org/photography/photo_2013.php#UNI82253

統合地域情報ネットワーク(IRIN)

http://www.irinnews.org/photo/

* *** *

国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)は11月11日、100万人にも上る避難民が、資金不足により、冬に備えるための人道援助を受けられないおそれがあると警告した©UNHCR/D.Nahr
ステファン・デ・ミストゥーラ シリア担当事務総長特使は2度目のシリア訪問を行い、バッシャール・アル・アサド大統領や政府高官と会談し、「紛争凍結」提案について話し合った© UN Photo/Jean-Marc Ferré
国連創設75周年
1分間アンケートにご協力ください

世界は連帯を必要としています。
あなたの協力が大切です。

国連は、史上最悪のグローバルな健康危機を含め、大きな試練の時に創設75周年を迎えます。
この危機は世界をより緊密に結びつけるでしょうか?
あるいは分断と不信の増大につながるのでしょうか?
 あなたの意見によって変化をもたらすことができます。