• プリント

「国際薬物乱用・不正取引防止デー」の検索結果 : 9件

国際薬物乱用・不正取引防止デー(6月26日)事務総長メッセージ

私は今年、イタリア北部にあるサン・パトリニャーノ薬物更生センターを訪問しました。ここでは28カ国の1,200人を超える若い男女が、中毒という呪縛を逃れ、尊厳ある生産的な生活を営む術を学んでいます。その道のりは平坦ではありません。中毒を克服するためには、勇気、懸命な努力、そして献身的な指導者の思いやりが必要です。しかし、この感動的なコミュニティのメンバーた…

国際薬物乱用・不正取引防止デー(6月26日)に寄せる コフィー・アナン国連事務総長メッセージ

薬物を使用するかどうかは、選択の問題です。しかし、十分な情報に基づいて選択をしなければなりません。けれども世界には、薬物がどれだけ破壊的な影響を及ぼすか、よく知らされていない人々があまりにも多すぎます。薬物乱用防止に向け、教育の改善と意識の向上に努めなければならない理由は、ここにあります。政府には、より一貫した指導力を発揮してもらうことが必要です…

国際薬物乱用・不正取引防止デー(6月26日)に寄せる事務総長メッセージ

~HIV/エイズの予防には、啓発キャンペーンとすべての社会の動員が必要~2002年のテーマは「薬物乱用とHIV/エイズ」 今年の国際薬物乱用・不正取引防止デーのテーマは「薬物乱用とHIV/エイズ」です。アジア、ラテンアメリカおよび東欧では、薬物の注射がHIV/エイズの主な感染経路となっている国々が多くなっています。世界全体のHIV感染件数の5%~10%は、注射による薬物…

国際薬物乱用・不正取引防止デー(6月26日)に寄せる コフィー・アナン国連事務総長メッセージ

貧富を問わず、薬物乱用の惨禍を逃れている国はありません。世界人口の3-4%にあたる人々は、日常的に不正毒物を消費し、破壊的な影響を受けているものと見られます。 不正な薬物の需要削減をさらに重視する必要があります。私たちの戦略は、特に薬物の密売者や仲間からの圧力に弱い若者に、より焦点を絞ったものとすべきです。薬物を摂取するライフスタイルに替わる選択肢を…

「国際薬物乱用・不正取引防止デー」(6月26日)に寄せて

コフィー・アナン国連事務総長メッセージ事務総長、国際性を強める薬物乱用・密売への対策における国連の適性を主張 以下はコフィー・アナン事務総長が、6月26日の「国際薬物乱用・不正取引防止デー」に際し発表したメッセージ(非公式訳)である。 20世紀と「国連薬物乱用防止の10年」がともに終わりを迎えようとする中、私達は今年の「国際薬物乱用・不正取引防止デー」に当…

世界の動きと国連(2001年12月31日)

2001年12月31日 事務総長、パキスタンの法律執行措置を歓迎 アフガニスタン:WFPは今月、最大量の食糧を搬入 国連に対する加盟国の分担金支払い(2001年)、記録的な額に 事務総長、ユーロ流通開始を歓迎 アフガニスタン:ユニセフ、はしか予防接種活動スタートへ アフガニスタン:国連、クラスター爆弾(不発弾)の除去作業 アナン事務総長はこのたび、パキスタン…

DatelineUN(July/August 2001 Vol.23)

国際薬物乱用・不正取引防止デー 拷問の犠牲者を支援するデー 世界人口デー 新たな誓い「広島と長崎の悲劇を繰り返さない」 「小型武器を破壊する日」イベント UNギャラリーへようこそ アナン国連事務総長の再選によせて HIV/エイズに関する国連特別総会での演説

世界の動きと国連(2000年12月31日)

2000年12月29日 きのう、ガーナにおいて、大統領選(2回目)が終了。アナン事務総長はきょう、声明を発表し、同国の選挙が透明かつ平和的に実施されたことについて、その国民と指導者に賛辞を呈した。 昨夜、コソボにおいて、セルビア人老夫婦が正体不明の男たちに襲われ、夫が死亡、妻が重傷を負った。UNMIKのクシュネル代表はきょう、声明を発表し、この襲撃事件を非難…

世界の動きと国連(1999年12月31日)

1999年12月31日 インディアン航空機ハイジャック事件が、さらなる生命の損失をもたらさずに解決されたことについて、アナン事務総長は、深い安堵の念を表明した。 ロビンソン人権高等弁務官は20世紀の終わりにあたり、メッセージを発信。世界は、新しい世紀を前にして、過去50年間の人権の歩みを人々の生活に反映させるという大きな挑戦に直面している、と述べた。また、…