• プリント

過去の資料調査

過去の資料の調査

国連は多数の出版物を出している一大出版組織です。設立されてから50年以上を経る間に、重要なテーマ(軍縮、環境、人権、国際法、平和維持、その他)を扱った何十万もの文書(報告書、調査、決議、会議記録、各国政府からの書状など)を発行してきました。

一見すると、利用できるデータの量が膨大であるため探している情報を見つけるのが不可能であるように思われるかもしれませんが、体系的なアプローチを講じることで、必ず、求める情報を見つけることができます。

国連の文書や出版物は数が多く、同じタイトルや似たタイトルのものも多数あります(たとえば、「事務総長の報告書」という漠然とした語で検索すると数千件もヒットすることになります)から、具体的な期間を指定するのが有益です。できれば発行した組織や下位組織も限定してください。慣れないうちはこの絞り込みが難しいかもしれませんが、それを手助けするいくつかの基本的なツールがあります。

たとえば、『みんなの国連(Everyone's United Nations)』の各版には、国連の歴史上の主な出来事が簡潔にまとめられています。これを利用すれば、それぞれの事柄がいつ、どのような話し合いの場(安全保障理事会、総会など)で論じられたかを知ることができます。

こうした重要な情報が入手できたら、次の論理的なステップは、その年の『国連年鑑(Yearbook of the United Nations)』を調べることです。これによって、詳しい説明、寄託図書館(depository libraries)および国連広報センター(UN Information Centers)(または最近のものならば国連のホームページ)で調べることができる中心的な文書の文献情報、および主要な決議の全文を知ることができます。

必要な情報のすべてが『国連年鑑』から得られる場合もありますが、そのテーマについてもう一段階詳しく調べてみたいと考える場合もあるでしょう。ここで役に立つのが、そのテーマが提起された主要組織(総会、安全保障理事会、経済社会理事会、信託統治理事会)の『議事インデックス(Index to Proceedings)』です。この高度に専門化されたインデックスは、年度/会期ごとに作成され、当該組織によるそのテーマの検討に関連したすべての文書の情報を含む包括的なものになっています。

『国連事典(Encyclopedia of the United Nations)』も総合的な情報にすばやくアクセスするのに役立ちます。これは、『国連年鑑』と同じく、関連する国連の組織に言及していることが多く、また時間的な枠組みを示していますから、詳細な調査が必要な場合に対象を正確に絞り込む手助けになります。

一方、『国際連合の基礎知識(Basic Facts about the United Nations)』には、その表題のとおりの内容が含まれています。頻繁に更新されるこのハンドブックは、主な分野での国連の活動について凝縮した概要を伝えてくれる非常に便利で簡潔な手引きです。

最新の資料の調査

最新の主題について調べる最初のステップとしては、ほとんどの場合、国連プレスリリース・データベースを検索するのが有効です。このデータベースを使うと、1995年10月以降のプレスリリースの全文にアクセスすることができます。検索のオプションは、「最近30日」、「アーカイブ」、「全文」の3通りです。プレスリリースは公式文書とはみなされませんが、特定の主題について現在討議しているのはどの組織か、これまでにどのような行動が取られているかなど、有益な手がかりが得られる場合が多いでしょう。この情報が入手されていれば、特定の主題に関連する公式文書の検索が容易になります。

それぞれの主題に取り組んでいるのがどの組織かがわかっている場合にその主題について詳しい情報を得るには、その組織のホームページに直接アクセスするといいでしょう。「国連システム公式ウェブ・ロケータ」を使えば、適切なホームページを見つけることができます。

組織上の情報

一般に、国連を構成する各種の委員会などに多くの関心が寄せられます。ニュージーランドの外務・貿易省によって1961年から毎年発行されている『国連ハンドブック』には、こうした組織や機関の責務の概要が大変うまくまとめられています。また、現在の構成メンバーも記されています。

構成メンバーに関しては、以下の2つの資料も、整理された形で情報を提供してくれる非常に有益な情報源です。

(1)『世界メディア・ハンドブック(The World Media Handbook)』。世界各国の精選されたメディアとその関連データのサマリーに加えて、メディアの発展と国際的なコミュニケーションの強化に貢献している国連組織への参加国(1946年以降)が網羅されています。

(2)第56回通常総会の暫定議題に含まれる『注釈付き項目事前リスト』(A/56/100)。(1946年から現在までの)安全保障理事会と経済社会理事会への加盟に関する、非常に信頼性の高い情報源です。

文献情報:
『国連および国際関係に関する事典』Edmund Jan Osmanczyk
第2版、ニューヨーク:Taylor and Francis、1990年
x vii、1220p.
表紙:「国連と国際的な合意の事典」

DPI/1614
『世界メディア・ハンドブック:一部諸国のプロフィール』
ニューヨーク:国連広報局、1995年
viii、338p.:ill
50周年記念版
販売番号:95.I.34