• プリント

開発と平和のためのスポーツの国際デー(4月6日)事務総長メッセージ

プレスリリース 15-033-J 2015年04月06日

「開発と平和のためのスポーツの国際デー」は、持続可能な進歩と変革を達成する上でスポーツが果たすことのできる役割に光を当てます 。

スポーツは個人、コミュニティ、国家の可能性を引き出す力を持っています。一人ひとりの成長を促し、ジェンダーの障壁をなくす大きな力となり、スポーツがなければ分断されるかもしれない状況において、橋渡しをすることができます。

スポーツは平等、ルールの受容、相互の尊重、公正といった基本的価値を大切にする文化を生み出すことによって、社会を育みます。

スポーツは、特に若者や障害者といった社会でより弱い立場にある人々が、体育やスポーツ活動に安全に取り組む機会などを通して人権を享受する役に立ちます。スポーツを通して、そうした人々は社会への融合を進め、学校に通う意欲も高まります。

スポーツ産業にも環境に対する意識を高め、持続可能な活動を促す上で重要な役割があります。

私は世界中のスポーツ選手の皆さんに対し、ミレニアム開発目標(MDGs)を達成するための国連への取り組みを称えます。これまで多くの目覚ましい成果がありましたが、なすべきことも多く残っています。

国連は、一連の持続可能な開発目標(SDGs)などを含む、2015年以降に向けた新たな開発アジェンダを作成しているところです。私は、スポーツをする人々がすべての人にとってよりよい世界を築くための主唱者であることを、これからも期待しています。

本日の国際デーに際し、世界中のコミュニティでスポーツが果たす役割を強めるよう誓いましょう。各国政府や国際機関、NGOその他すべての人々が、チームとして共に取り組むことが必要です。

すべての人にとってより健康で、幸福で、豊かな世界を生み出す上で、スポーツを活用していこうではありませんか。

* *** *

©UN Photo/Albert González Farran