• プリント

「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」へ参加 国連大学本部ビル1階に回収ボックスを設置

プレスリリース 19-001-J 2019年01月21日

 

国連と東京2020組織委員会は2018年11月14日、東京2020大会を通した持続可能な開発目標(SDGs)の推進協力に関する基本合意書を締結しました。この合意の精神に基づき、国連広報センターは東京2020組織委員会が主催する国民参画型プロジェクト「都市鉱山からつくる!みんなのメダルプロジェクト」に参加することになりました。このプロジェクトは、全国各地から集めたリサイクル金属で、東京2020大会で使用する約5000個の金・銀・銅メダルを作るというものです。

つきましては、2019年1月21日から同年3月20日にかけ、国連大学本部ビル受付付近に小型家電回収ボックスを設置し、携帯電話・デジカメ等、ほとんどの小型家電を回収します(詳しい品目はこちらをご覧ください)。

  • 回収ボックスの投入口(25×10㎝)に入る小型家電に限ります。
  • 回収に当たり、個人情報保護のための破砕処理(穴あけ等)は行いませんので、個人情報はあらかじめ消去等をお願いします。

あなたの要らなくなった小型家電をメダルに生まれ変わらせることでSDGsを実践し、メダルづくりにつながりませんか?

 

お問い合わせ: 担当:岡野(国連広報センター Tel:03-5467-4451)

国連大学(United Nations University)本部ビル
〒150-8925 東京都渋谷区神宮前5-53-70
地図 https://jp.unu.edu/about/contact-us#location

* *** *