• プリント

4月6日は「開発と平和のためのスポーツ国際デー」 -井原 正巳さん(元サッカー日本代表、アビスパ福岡監督)が選ぶ「持続可能な開発目標(SDGs)」-

2017年04月06日

国連は、スポーツが平和と開発を促し、寛容と相互理解を育む側面に着目し、2013年9月、近代オリンピックが1896年に初めて開催された4月6日を「開発と平和のためのスポーツの国際デー」と定めました。

今年の国際デーでは、国連広報センターは、よしもとクリエイティブ・エージェンシー、ユニセフと協力、6名の著名なアスリートに「持続可能な開発目標(SDGs)」の17のゴールの中からひとつの目標を選んでいただき、目標達成へのメッセージをいただきました。

井原 正巳さん:元サッカー日本代表、アビスパ福岡監督

-SDGsの17のゴールのうち、どれを選びましたか? –
ゴール16「平和と公正をすべての人に」

– なぜそのゴールですか? –
サッカーの世界では、選手が規則を守って競技を行う「フェアプレー」が推奨されています。私は、フェアプレーが平和と公正に通じるものだと思います。

-その目標達成にあなたなら何ができますか?-
平和と公正をすべての人に届けられるよう、プレーする選手たちはもちろん、我々スタッフやチームを応援してくれるサポーター、サッカーを愛するすべての人々が、日常でもフェアプレー実践できるよう心がけていきたいと思います。

4月6日は「開発と平和のためのスポーツ国際デー」 -アスリートが選ぶ「持続可能な開発目標(SDGs)」-