• プリント

事務総長、山本忠通(やまもと・ただみち)氏をアフガニスタン担当事務総長特別代表に任命

プレスリリース 16-029-J 2016年03月25日

アフガニスタン担当国連事務総長特別代表に任命された山本忠道氏(左)。事務総長特別代表への日本人の就任は2006年以来10年ぶりで、山本氏が3人目©Photo by UNAMA / Fardin Waezi

アフガニスタン担当国連事務総長特別代表に任命された山本忠通氏(左)。事務総長特別代表への日本人の就任は2006年以来10年ぶりで、山本氏が3人目©Photo by UNAMA / Fardin Waezi

潘基文(パン・ギムン)国連事務総長は2016年3月18日、山本忠通氏(日本)をアフガニスタン担当国連事務総長特別代表 兼 国連アフガニスタン支援ミッション(UNAMA)代表に任命することを発表しました。山本氏は、2014年からこの要職を務めてきたニコラス・ヘイソン氏(南アフリカ)の後任となります。事務総長は特別代表就任以来のヘイソン氏のUNAMAに対する重要な貢献と奉仕に謝意を表しています。

2014年からUNAMA副特別代表を務めていた山本氏は外交官として、政務、国際協力、経済開発の分野を専門に、数大陸で40年間にわたる経験を積んでいます。

山本氏は外務省で、ハンガリー国駐箚(ちゅうさつ)特命全権大使からアフガニスタン・パキスタン支援担当大使(2011年からは政府代表)、さらには国際テロ対策担当およびイラク復興支援等調整担当大使に至るまで、要職を歴任してきました。また、国際連合教育科学文化機関(UNESCO)日本政府代表部で特命全権大使を務めた経験もあります。

山本氏は東京工業大学で理学士号、英国のオックスフォード大学で学士号をそれぞれ取得しました。

1950年生まれ。既婚で子ども2人。

* *** *