• プリント

STAND UP TAKE ACTION 2008年10月17~19日 日本語サイトオープン http://www.standup2015.jp

プレスリリース 08-054-J 2008年10月03日

STAND UP TAKE ACTION(スタンド・アップ・テイク・アクション=以下SUTA)は、国連ミレニアム開発目標(MDGs)の達成をめざして行う世界同時アクションです。この取り組みは国連の「ミレニアム・キャンペーン(MC)」と、「GCAP(貧困をなくすために活動する世界最大のNGO連合体)」のパートナーシップの下に実施され、日本では国連広報センターとスタンド・アップ・テイク・アクション実行委員会(※)の主催で行われます。今年は10月17日(金)から19日(日)までの3日間に、世界の人々が立ち上がり(もしくはそれに準じた動作で意思を表し)、MDGsを達成するよう求め、開発途上国および先進国双方の政府に行動を促します。

このたびオープンした日本語版ウェブサイトでは、SUTAやMDGsに関するさまざまな情報を提供するほか、広告ビジュアルやSUTAに参加する際にご利用頂けるイベント・キットをダウンロードすることができます。皆さんが気軽に参加できるSUTAイベントの情報も掲載します。

どんなところで、どんな人とでも、ただ“立ち上がって”意志を示すだけでSUTAに参加できます。立ち上がった方は、その人数を数えて是非このウェブサイト(またはファクス)で人数を報告してください。その数を全世界で同時に立ち上がった人数としてカウントし、ギネスの世界記録に挑戦します。また、今年はユニークなスタンド・アップをして下さった方をサイト上で表彰します。立ち上がった時の様子を写真に撮って人数報告に添えてお送り下さい。

あなたの行動が、貧困をなくすための第一歩。世界の人々と連携したSUTAに、ぜひご参加下さい。

※スタンド・アップ・テイク・アクション実行委員会 構成団体
(特活)アフリカ日本協議会、(特活)オックスファム・ジャパン、(特活)ハンガー・フリー・ワールド、YDP Japan Network