• プリント

気候変動政府間パネル出典「国連の基礎知識」

Intergovernmental Panel on Climate Change(IPCC)

関連リンク

気候変動政府間パネルは、気候変動を評価する先導機関である。国連環境計画(UNEP)と世界気象機関(WMO)によって設立され、気候変動の状態とそれがもたらす環境上の影響や経済社会的影響について明確な科学的見解を提供する。IPCCは、気候変動の理解に必要な世界中の科学的、技術的、経済社会的情報を検討し、評価する。調査研究やデータの監視は行わない。事務局はジュネーブのWMO本部の中に置かれ、職員の数は12人である。IPCCは国連加盟国とWMO加盟国のすべてに開放される。IPCC参加国は195カ国である。IPCCビューローと議長は全体会議で選出される。