• プリント

国際復興開発銀行出典「国連の基礎知識」

International Bank for Reconstruction and Development(IBRD)

関連リンク

国際復興開発銀行は、世界銀行グループの初期の頃からの機関で、中所得かつ信用貸しのできる貧しい国が貧困を削減できるようにする。そのために、融資、保証、危機管理製品や分析、諮問サービスを通して持続可能な開発を促進する。IBRDは、その187加盟国の利益のために所有かつ運営される協同組合のように構築されている。その資金のほとんどを世界の金融市場から得る。世界銀行が長年にわたって生み出してきた所得によって、開発活動の資金を供給し、その財務の健全性を保つことができた。そのため、低コストで借用し、顧客にはよい借り入れ条件を提示することができる。加盟国が世界銀行に加盟の際に支払う資金がIBRD基金に占める割合は5パーセント以下であるが、世界銀行が設立されて以来、何千億に及ぶ融資に活用されてきた。