• プリント

国連国際防災戦略事務局出典「国連の基礎知識」

United Nations International Strategy for Disaster Risk Reduction(UNISDR)

関連リンク

国連国際防災戦略事務局は、防災活動を支援する国連諸機関の事務局として1999年に総会によって設立された。防災に関する国連活動を調整し、防災に関する国際的な青写真、「兵庫行動枠組み」を実施する国連システムの中心機関である。防災に対する国際的認識を高め、災害軽減リスクへの投資を増大させ、防災のための具体的サービスや道具を提供する。UNISDRは「グローバル評価報告」を発行し、2年に一度「防災グローバル・プラットフォーム」を開催する。現在、2015年以降の防災枠組みの構築を進めている。防災担当事務総長特別代表をトップに、およそ100人のスタッフがジュネーブ本部や、世界の地域事務所で働いている。