• プリント

後発開発途上国、内陸開発途上国、小島嶼開発途上国担当上級代表事務所出典「国連の基礎知識」

Office of the High Representative for the Least Developed Countries, Landlocked Developing Countries and Small Island Developing States(UN-OHRLLS)

関連リンク

「後発開発途上国、内陸開発途上国、小島嶼開発途上国担当上級代表事務所」は、「2001-2010年の10年における後発途上国のためのブリュッセル宣言と行動計画」の実施に必要な国際支援を動員するために2001年に総会によって設置された。UN-OHRLLSは、事務総長が「ブリュッセル行動計画」や関連の国際公約を実施するための活動を調整できるように支援する。また、1994年の「小島嶼開発途上国の持続可能な開発のためのバルバドス行動計画」やバルバドス行動計画実施のための「2005年モーリシャス戦略」を実施できるようにする。さらに、これらの問題に関し国連システム内での活動を調整し、経済社会理事会、安全保障理事会、総会が実際の進展を評価できるように支援する。また、国連機関、市民社会、メディア、学術団体、財団とのパートナーシップのもとに、これらの国々に影響を及ぼす問題がグローバルに認識されるように普及活動を行う。