• プリント

人道問題調整事務所出典「国連の基礎知識」

Office for the Coordination of Humanitarian Affairs(OCHA)

関連リンク

人道問題調整事務所(OCHA)は、災害や緊急事態の人的被害を軽減するために、国内や国際の主体との協力の下に、人道活動を動員し、かつその調整を図る。現地事務所や人道調整官、被災国チームとのネットワークを通して、OCHAは一貫した人道救援活動ができるようにする。また、ニーズの評価、災害対策、人道援助計画を策定し、人道援助調整官や援助を行う国連機関の活動を支援する。また、(とくに安全保障理事会のような政治機関とともに)援助を必要としている人々の権利を擁護し、災害対策や防災、政策展開を進め、かつ人道問題の持続可能な解決ができるように努める。

緊急援助調整官は、機関間常設委員会(IASC)の議長を務める。これは、赤十字社や赤新月社、その他のNGOを含め、すべての主要な人道機関から構成される包括的な組織である。委員会は共通の政策やガイドライン、基準を発展させ、それによって複雑な緊急事態や自然・環境災害に一貫した対応ができるようにする。