• プリント

来日中の潘基文事務総長、パプアニューギニア首相と会談(於:伊勢志摩、5月27日)

プレスリリース 16-049-J 2016年05月27日

日本で開催されたG7伊勢志摩サミットのアウトリーチ会合の合間を縫って、潘基文事務総長は本日、パプアニューギニアのピーター・オニール首相と会談した。事務総長は、ブーゲンビルの将来の地位に関する住民投票の準備に関する議論、及び2019年6月15日が住民投票の実施目標日とされていることを歓迎した。

両者は持続可能な開発、気候変動、災害リスク軽減についても話し合った。

事務総長は、国連がパプアニューギニア支援に全面的に取り組み続けていく決意を再確認した。