• プリント

すべての人に健康を

ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)

世界保健機関(WHO)によれば、ユニバーサル・ヘルス・カバレッジ(UHC)とは、すべての人々が基礎的な保健医療サービスを、必要なときに、負担可能な費用で享受できる状態を指します。WHOが2010年に世界保健報告”Health systems financing: the path to universal coverage”を刊行してから、この概念に関する認知度が国際的に高まってきました。国連総会では、2008年以降、Global Health and Foreign Policyとの主題のもと、毎年、テーマを変えて決議が採択されてきましたが、2012年12月12日、UHCに焦点をあてた決議が採択され、その重要性が認識されました。(決議全文邦訳はこちら

WHOホームページへ

2017年12月12日、国連総会は決議を無投票で採択し、12月12日をユニバーサル・ヘルス・カバレッジ国際デー(International Universal Health Coverage Day)と宣言。(決議全文の邦訳はこちら
今年、この国際デーが初めて祝賀され、さまざまなイベントなどが催されます。東京で12月13日と14日の両日にわたって開催されるユニバーサル・ヘルス・カバレッジ・フォーラムはそうした主要なイベントであり、国連事務総長の出席が予定されています。

フォーラムのホームページへ

 

ビデオ

SDGsシリーズ「なぜ大切か」より

SDGについて詳しく知る

特集/背景資料

もっと見る

お知らせ

事務総長メッセージ

もっと見る

関連決議

国連総会

人権理事会

国連大学(UNU)の取り組み

国連人口基金(UNFPA)の取り組み

UHC関連ビデオ

UNICEFの取り組み

世界銀行の取り組み

世界保健機関(WHO)の取り組み

リンク集