• プリント

貿易と開発出典「国連の基礎知識」

すべての国をグローバルな貿易に参加させることが国連貿易開発会議(United Nations Conference on Trade and Development: UNCTAD)(www.unctad.org)の任務である。UNCTADは貿易、金融、技術、投資、持続可能な開発の分野で開発関連の問題を取り上げる国連の中心機関として、開発途上国の貿易、投資、開発の機会が最大になるように努める。また、これらの国が経済のグローバル化から生じる問題に対処できるように支援し、かつ世界経済に公平に参加できるようにする。UNCTADは調査や政策分析、政府間の審議、技術協力、市民社会や企業セクターとの対話などを通してこれらの目標を達成する。とくにUNCTADは以下の事を行う。

  • グローバル経済の動向を調べ、それが開発に与える影響を評価する。
  • 開発途上国、とくに後発開発途上国が世界の貿易体制に参加し、国際貿易交渉に積極的に関与できるように支援する。
  • 世界の対外直接投資の動向とそれが貿易、技術、開発に及ぼす影響を調べる。
  • 開発途上国が投資を誘致できるようにする。
  • 開発途上国が企業と企業家精神を育成できるように支援する。
  • 開発途上国と経済移行国が自国の貿易支援サービスの効率を改善できるようにする。

UNCTADは、開発途上国や経済移行国が対外直接投資を促進し、かつ投資環境を改善できるように支援する。UNCTADは、これらの国の政府が対外直接投資政策の影響を理解し、そのための政策を策定し、実施できるように支援する。また、投資、貿易、企業開発、技術的能力育成の間の関係をよりよく理解できるように支援する。グローバルな海外直接投資の動向については毎年「世界投資報告書」、「投資政策レビュー」、「世界投資デレクトリー」やその他の研究論文で発表される。

UNCTADの活動は、経済動向を明らかにし、グローバル化との関連で貿易と開発に関する思考と政策を形成するのを支援する。また、開発途上国に特別かつ異なる待遇を提供する概念を進めた主要機関の1つで、その概念が「関税と貿易に関する一般協定」およびその後の「世界貿易機関」のなかに組み込まれるようにした主要機関であった。UNCTADは国連システムの中にあって貿易に関して後方支援を行う中心的な機関でもある。取引コストを削減し、輸送接続性を強化するために組織的、法律的、運用上の解決を行って、開発途上国が世界の市場に参加できるようにする。

UNCTADは、通常の政府間討議や技術協力を通して、とくに中小企業を中心に、企業開発を促進する。UNCTADの技術協力活動のいくつかは以下の通りである。

  • 税関データの自動化システム(Automated System for Customs Data)(www.asycuda.org) 最新の科学技術を利用して、政府が関税手続きと管理を近代化できるようにする。90カ国以上の国々で利用され、急速に税関自動化の国際基準になりつつある。また、経済ガバナンスを改善する道具でもある。
  • エンプレテック計画(EMPRETEC Programme)(http://empretec.unctad.org/)は、中小企業の開発を促進する。情報ネットワークによって企業家がビジネス・データベースを利用できるようにする。

UNCTAD/WTO国際貿易センター(International Trade Centre UNCTAD/WTO: ITC)(www.intracen.org)は、貿易振興のために開発途上国との技術協力を進める国連システム内の中心機関である。開発途上国および経済移行国とともに貿易振興計画を作成し、これらの国の輸出拡大と輸入業務の改善を図る。

ITCの使命は、貿易と国際企業開発を通して、開発途上国と市場経済移行国において持続可能な経済開発を進め、かつMDGsが達成できるようにする。ITCは貧困を削減し、貧しい社会の企業が世界的な価値連鎖に統合されてその競争力を高めるように努力する。MDGsはそうした努力の成果を図るための基準となっている。

ITCの目的は、貿易情報についての認識を高め、その提供と利用を改善すること、貿易支援機構を強化すること、輸出企業のための政策を推進すること、輸出企業の輸出能力を高めること、包括性と持続可能性を貿易振興と輸出開発の政策に組み込むこと、などである。貿易振興における技術協力は、ITC専門家が現地の貿易担当官と緊密に協力しながら実施している。国家プロジェクトは輸出拡大と輸入作業の改善との広範なパッケージの形をとって進められることが多い。