• プリント

行政出典「国連の基礎知識」

国の開発計画を成功させるにあたってもっとも重要な要素が、国の公共部門であることには疑問の余地がない。グローバル化や情報革命、民主化がもたらした新しい機会は、国家とその機能のあり方に劇的な影響を与えた。したがって、間断なく続く変化の環境にあって、公共部門を管理することが国家の政策決定者、政策を進展させる人、公務執行者にとって大きな課題である。

国連は、その行政・財政計画(Programme on Public Administration and Finance)(www.unpan.org/dpadm)を通して、統治機構や行政機関を強化、改善、改革し、グローバル化された世界がもたらす問題に取り組む国々を支援している。この計画は、国連経済社会局の行政開発管理部(Division for Public Administration and Development Management)の監督のもとにあり、政府が効果的な、対応能力のある、貧しい者の立場に立った、民主的な方法で機能できるように支援する。政府に対する支援は3つの主要な領域で行われる。すなわち、制度・人的資源の能力開発、電子政府と移動政府の発展、そして市民参加の開発管理である。同計画は分析調査、諮問サービス、技術援助を行い、研修を実施し、UNPAN研修センターのような研修の手段も提供する。また、ステークホルダーによる対話、「国連公共サービスデー」や「国連行政ネットワーク(UN PublicAdministration Network: UNPAN)」(www.unpan.org)のような知識共有プラットフォームなどを通しても支援活動を進めている。