• プリント

「世界環境デー」の検索結果 : 52件

世界環境デー(6月5日)に寄せるアントニオ・グテーレス国連事務総長ビデオメッセージ

※YouTubeのサイトへジャンプします。

なくそう!野生生物の違法取引:6月5日は #世界環境デー(生物多様性)

※YouTubeのサイトへジャンプします。

世界環境デー(6月5日)事務総長メッセージ

Photo:CITES今年の「世界環境デー」は、野生生物の違法取引という深刻な問題に必要なスポットを当てます。この問題に警戒すべき重大な理由があるからです。ゾウやサイ、センザンコウはそれぞれ象牙、角、鱗を手に入れるために殺されています。ウミガメやトラからシタンに至るまで、数千の野生動植物種が絶滅の危機に追いやられています。乱獲に関与する企業や個人は短期的な利…

世界環境デー 2015

※YouTubeのサイトへジャンプします。

世界環境デー(6月5日)事務総長メッセージ

今年の世界環境デーのテーマは、「SevenBillionDreams.OnePlanet.ConsumewithCare.(70億人の夢。わたしたちの地球。資源を有効に活用しよう。)」です。人類は、地球が持続的に提供できる量よりもはるかに多くの自然資源を消費し続けています。地球の生態系の多くは決定的な転換点を迎えつつあります。今こそ私たちは変わらなければなりません。持続可能な開発の目的は、環境…

世界環境デー(6月5日)事務総長メッセージ

「海面を上げるのではなく、声を上げよう」国際小島嶼開発途上国年のさなかに、きょう、私たちは世界環境デーを迎えます。この国際年は、すべての人々のために持続可能な未来を実現する方法について地球的な議論を広める一環として、この多様な国々の特別なニーズを啓発するため、国連総会で宣言されたものです。世界の6,300万人が暮らす小島嶼国は、際立った自然美と、活気あ…

世界環境デー(6月5日)事務総長メッセージ

世界が国連持続可能な開発会議(リオ+20)に向けた準備を加速化する中で、「世界環境デー」は、より持続可能な世界に向けたパラダイム・シフトの必要性に注意を向ける機会となっています。今年のテーマ「グリーン・エコノミー:あなたもその一部ですか?」は、人類のエコロジカル・フットプリントを地球の惑星境界内に収めるため、誰もがそれぞれの役割を果たす必要性を強調…

世界環境デー(6月5日)事務総長メッセージ

1992年の地球サミットから20年近くが経過した今、世界は再びリオに結集しようとしています。2012年6月に、国連持続可能な開発会議(リオ+20)が開かれるからです。過去20年間には、地政学面でも環境面でも大きな変化がありました。アジア、ラテンアメリカ、そして最近ではアフリカで、数千万人が貧困を脱出しています。その一方で、私たちの前進を支える地球の能力が根本的に…

世界環境デー(6月5日)に寄せる潘基文(パン・ギムン)国連事務総長メッセージ

生物多様性、すなわち、地球上の生命の驚くべき豊かさは、危険にさらされています。生物種は史上空前の速さで絶滅しています。こうした絶滅のほとんどは、水資源を汚染し、枯渇させ、生息地を改変、破壊し、地球の気候を変動させている人間の活動と結びついています。カエルからゴリラ、そして巨大な植物から小さな昆虫に至るまで、数千種の生物が危機にさらされているのです…

WED(世界環境デー)2010年 ビデオ

※YouTubeのサイトへジャンプします。

世界環境デー(6月5日):国連事務総長メッセージ

世界では今、経済や金融の混乱が広がっています。この事態こそ、従来の成長パターンを改め、よりグリーンでクリーンな開発の時代へと移行する必要性を訴える警鐘にほかなりません。今年の世界環境デーのテーマ「あなたの地球、あなたを必要としています(“Yourplanetneedsyou”)」は、私たちにそれぞれの責任を果たすよう呼び掛けています。地球は、気候変動の深刻な脅威に直…

世界環境デー(6月5日)に寄せる潘基文国連事務総長メッセージ

中毒は恐るべきものです。それは私たちをむしばみ、支配し、重大な事実から目を背けさせ、そして私たちの行動の結末も覆い隠してしまいます。世界は今まさに、危険な炭素中毒にかかっているかのようです。石炭と石油は、先進諸国の工業化への道を開きました。そして今、急速な発展を遂げつつある国々は、同じ道をたどることで、先進国の生活水準に追いつこうとしています。そ…

世界環境デー(6月5日)に寄せる 潘基文国連事務総長メッセージ

人間の活動から排出される温室効果ガスにより、地球の温暖化が進んでいます。大気中の二酸化炭素濃度は、過去60万年で最高の水準に達し、しかもその上昇率はさらに加速しています。気候変動の影響が最も顕著に表れているのは、北極と南極です。北極の温暖化は、地球平均の二倍の速さで進んでいます。北極海の永久氷床は面積、厚さともに減少しているほか、何世紀にもわたって…

「 低炭素社会への道筋 ~世界環境デーを迎えて~ 」開催

世界環境デー(6月5日)が今年で35周年を迎えるのを記念して、国連広報センターはチーム・マイナス6%、英国大使館と連携し、国際環境シンポジウム「低炭素社会への道筋~世界環境デーを迎えて~」を開催します。このシンポジウムは、国連の「気候変動に関する政府間パネル(IPCC)」第4次評価報告書の各作業部会報告の内容や、温暖化をめぐる世界動向の情報等を、各界各層の…

世界環境デー(6月5日)に寄せる コフィー・アナン国連事務総長メッセージ

今年の世界環境デーは、砂漠と砂漠化に関する国際年にちなみ、「乾燥地を見捨てるな(Don’tDesertDrylands!)」をテーマとしています。このテーマは、世界でも広大な面積を占める乾燥・半乾燥地帯を保全することがいかに大切かを物語るものです。世界のあらゆる地域に見られる乾燥地は、地表面積の40%以上を占めていますが、そこには世界人口の3分の1にあたる20億人近くが暮ら…

世界環境デー(6月5日)に寄せる コフィー・アナン国連事務総長メッセージ

今年の世界環境デーのテーマ「緑の都市:地球のための計画を!」は、都市環境で暮らす人々の割合が急増しているという、現代でもっとも大きな動きの一つが引き起こす課題にスポットを当てたものです。今後の四半世紀の人口増加は都市、それも開発途上国の都市だけで起こるといっても過言ではないでしょう。2030年までに、世界人口の6割以上は都市部で暮らすことになります。こ…

世界環境デー・イベント 「世界環境デー写真展」開催のお知らせ

6月5日は世界環境デーです。国際連合環境計画国際環境技術センター(UNEPIETC)は、2004年のテーマ『私たちの選択-海は死ぬのか、生きるのか-』に沿って「海洋と流域の連鎖」と題した写真展を滋賀県草津市で開催します。より多くの皆さんにご参加いただくため、国連広報センターは日本テレビと共催で、同写真展を東京サテライト会場でも開催します。会期:2004年6月3日(木…

世界環境デー(6月5日)に寄せる コフィー・アナン国連事務総長メッセージ

海洋環境は今、大きな挑戦に直面しており、迅速かつ効果的に対処しない限り、持続可能な開発に深刻な影響を及ぼすと思われます。2004年の世界環境デーのテーマ“Wanted!SeasandOceans:DeadorAlive?(私たちの選択-海は死ぬのか、生きるのか?)”は、海を便利なゴミ捨て場にしたり、限りない資源の宝庫と考えたりすることは、もうできないと強調しています。事実は…

世界環境デー(6月5日)に寄せる コフィー・アナン国連事務総長メッセージ

~途上地域の患者と死者の80%は水関連の病気に原因~2003年の世界環境デーのテーマ「水-20億人が水のために生命の危険にさらされている」は、人間の生存と持続可能な開発にとっての水の中心的な重要性を物語っています。ミレニアム・サミットと持続可能な開発に関する世界サミットで、国際社会は安全な水と衛生設備を提供するための測定可能な期限付きの公約を定めました。…

世界環境デー(6月5日)に寄せる事務総長メッセージ

今年の世界環境デーのテーマは「地球にチャンスを」です。このテーマには、地球の状況と持続可能な開発を追求する広範な努力について緊急のメッセージを伝えたいという願いが込められています。持続可能な開発には3つの柱があります。経済成長、社会の進歩、そして環境と天然資源の保護です。1987年に『OurCommonFuture』(邦題『われら共有の未来』)という出版物によってこ…